百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『ANEMONE/エウレカセブン ハイエボリューション』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

f:id:harutoautumn:20181110213558j:plain

 

まだ幼かったあの日。
父、ケン は幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。
ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。

7年が経過した。アネモネは父が散った戦場――東京にいた。
人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。
そして、アネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。

アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。
この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。

アシッドに囚われていた謎の男・デューイは予言する。
「お前たちが見ているエウレカセブンはエウレカセブンではない。偽りの神が創っては破棄した無数の不要な世界。いわばゴミの山だ」

アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く――。

【公式HP あらすじより】

 

本日公開された本作。

第一部があまりに酷評だったため見なかったのですが、ドミニク・アネモネが好きな僕としてはどうしても我慢できず、本日見てきました。

 

結論から言って、感動的なのに話がよく分からない、という何とも不思議な状況に陥りました。

第一部とは違うパラレルワールド?を描きながらも、相互に影響を与える、そして合わさって第三部に繋がるといった内容になっています。

 

また劇場に足を運ぶと、本作の『LIMITED SECRET BOOK』がもらえます。

イメージ段階の設定など盛り沢山なので、ファンの方にはおすすめです。

 

テレビアニメでは残虐で、常に攻撃的なアネモネでしたが、本作では年頃の少女らしい天真爛漫な性格で、非常に可愛らしかったです。

また、あまり交わることのなかったアネモネとエウレカが手を取り合うシーンはもう感動です。

 

僕自身、いまだに分からない部分の方が多くありますが、記憶を辿りながら本作のあらすじ、個人的な感想を書いていきたいと思います。

曖昧な部分も多くありますので、あくまで参考程度にご覧下さい。

 

ネタバレになりますので、まだ観賞していないという方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

声優の変更

 

本作を制作中、デューイ役の辻谷耕史さんが亡くなり、急遽、 藤原啓治さんにキャスト変更されました。

藤原さんは、テレビシリーズでデューイの弟・ホランド役、『エウレカセブンAO』ではレントン役で出演しており、ファンからは『まさか弟が兄を引き継ぐとは…』など様々な声が上がっていました。

 

僕は映画終了後、エンドロールで流れるまで知らなかったので、上映中は「あれ?これはデューイ?ホランド?」と混乱してしまいました。

しかし、違和感はなく、まさに適任という感じでした。

 

 

楽曲

 

本作の主題歌は、十五歳の現役中学生アーティストのRUANNが歌う『There’s No Ending』です。

非常に世界観にあった楽曲、さらにRUANNさんがアネモネの心情を見事に歌い上げ、本作をさらに素晴らしいものにしてくれました。

 

さらに驚いたのが、挿入歌にやくしまるえつこの歌う楽曲があったことです。

作品を見る前であれば合わないと絶対に思ったでしょうが、これが不思議なくらい合っているんです。

 

レントンやエウレカといった内面に気持ちが向く人物ではなく、外に発信していくアネモネだからこそ出せる雰囲気があり、その雰囲気にやくしまるさんの声が非常に合っていたと思います。

僕はやくしまるさん、相対性理論の大ファンなので、思わぬ収穫でした。

 

 

観賞しての感想

 

まずはじめに、何と言ってもアネモネが年相応の可愛らしい少女で描かれていて、その点が何より嬉しかったです。

もちろん彼女の背負う期待は生半可なものではありませんが、その持ち前の明るさで困難に打ち勝っていくその姿は、本作の主人公にふさわしいものでした。

 

またドミニクとの関係について、テレビシリーズと少し異なるかもしれませんが、テレビシリーズ終盤のような揺るがない絆で結ばれた二人が見られて、二人のファンにとってはたまらない作品だと思います。

そして、あくまで第二部はアネモネに焦点が当てられただけであり、その際にはエウレカ、そしてレントンがいます。

 

本作の結果をもって、『エウレカセブン』という作品はどんな結末を迎えるのか。

これまで迎えたどんな結末とも違う、新たな可能性を見せてくれると信じても良い、そんな内容でした。

 

 

 

あらすじ(完全ネタバレ)

 

ここからはあらすじに入ります。

ネタバレになりますので、改めてご注意ください。

 

 

アネモネの後悔

 

これまでの作品ではアネモネという名前だけが明かされていましたが、本作では『石井・風花・アネモネ』という名前が明かされます。

両親はそれぞれ違う国の出身で、風花とアネモネは同じ花の名前を意味します。

 

幼い頃に母親を亡くし、父親である賢に育てられます。

ところがアネモネが七歳の時の誕生日で、賢は仕事を理由に彼女との約束を破り、アネモネはもう帰ってこなくていいと思ってもいないことを口にしてしまいます。

 

そして、それが賢との別れとなります。

アネモネはずっとこのことを後悔して育ちます。

 

そして七年後、エウレカセブンと戦うための特殊部隊・アシッドの一員となって、作戦に臨みます。

エウレカセブンは人型機動兵器・ニルヴァーシュXを展開し、人類の抵抗も虚しく、あらゆるものを破壊していきます。

 

エウレカセブンに対する外部からの攻撃は無意味で、唯一の対抗手段はエウレカセブン内に人の意識を送り込む、いわゆる『ダイブ』させることだけでした。

アネモネは東京湾上にある風の塔にある『ホワイトルーム』からエウレカセブン内に意識だけをダイブさせます。

 

 

ダイブ

 

エウレカセブン内では、アネモネはアバターに意識を移して行動します。

アバターは、ニルヴァーシュ type the endに搭乗した自分自身で、コクピット内にはドミニクがナビゲーターとしています。

 

賢が生前、『ドミニク』という子ども用のAIコンシェルジュアプリをアネモネのスマホに入れていましたので、アネモネはこの二つを同一視して、疑問に思いません。

ここでニルヴァーシュと戦闘を行い、見事撃破。

 

その際、コクピットからエウレカが落下し、『レントン』と名前を呼びますが、この時点でアネモネにはそれが誰なのか分かりません。

ここでアネモネは現実に戻り、ニルヴァーシュXは後退していきます。

 

これまで十数年に渡って敗北続きだった人類が勝ち取った待望の勝利であり、これ以降、アネモネは勝利の美少女、女神として人類の希望となります。

 

 

協力者

 

作戦後、アネモネはアシッドの長であるグレッグに会わせたい人物がいるとして、ある場所に連れて行かれます。

そこにいたのは、デューイ・ノヴァクでした。

 

彼はエウレカセブン付近で発見され、ここで拘束されていました。

デューイは、今見えているエウレカセブンはエウレカセブンではなく、不要な世界の集まり、ゴミの山だといいます。

 

彼の言動から、彼はこことは違う世界から来たことが示唆されています。

 

 

父の最期

 

エウレカセブンへのダイブを続けるうちに、アネモネは賢もまたエウレカセブンにダイブし、そこで命を落としたことを知ります。

そして、あるダイブした時、目の前には爆発が広がり、賢が爆発から逃げているところで時間が止まっていました。

 

エウレカは言います。

かつてスカブコーラルの指令クラスタに打ち込まれた決戦弾頭シルバーボックスを使って世界を変えられるのはあと一回だけ。

 

アネモネが望めば、賢は生き残り、アネモネもこの世界で生きていけると。

彼女は選択することが出来ず、一度は逃げ出します。

 

 

選択

 

その後、 ニルヴァーシュセブンは姿を大きく変え、世界を滅亡させるべく動き始めます。

しかし、アネモネはどうしていいか分からず、助けを求めます。

 

すると、そこに現れたのは、エウレカセブン内で彼女をナビゲーターしてくれたドミニクでした。

彼は賢に頼まれ、アネモネが特定の言葉を口にした時だけ助けに来られるよう備えていたのです。

 

そして彼女の手足として、彼女の好きなキャラクター・ガリバーによく似たガリバー・ジ・エンドが出現。

アネモネとドミニクはこれに乗り込み、エウレカセブンの猛攻を振り切って再び内部に侵入。

 

そこでアネモネは、エウレカと再会します。

エウレカはここで何度も夢を見て、レントンの生存する世界を探して、しかし見つけることが出来ませんでした。

 

おそらくアネモネがダイブする度に見ていて光景は、これまでのアニメ、漫画で描かれたエウレカセブンの世界であり、エウレカが見ていた夢だと思われます。

デューイはこれらをゴミの山と称している通り、エウレカの望んだ世界ではありません。

 

だから、世界を壊すか、自分が死にたいとのだといいます。

それに対して、アネモネは彼女を助けにきたのだといいます。

 

エウレカが自分に向き合うのなら、自分がそばにいてあげると。

さらに勘ですがレントンは生きていると断言。

 

エウレカは彼女の言葉を受け入れ、手を取ります。

 

すると、大量のガリバーがありとあらゆる場所から出現し、世界を食べ始めます。

慌てるエウレカですが、アネモネにはこの世界の出口に思い当たる節があり、二人でそこに向かいます。

 

そこは、アネモネが賢とよく行った場所でした。

エウレカが次第に生きたいと自分の意思を伝えるようになり、最後は二人で力を合わせて扉を開け、現実世界に戻ります。

 

そしてエウレカセブンの猛攻は止まり、世界は救われるのでした。

 

 

結末

 

しかし、話は止まらず、謎が増えます。

エウレカセブンの跡に、ダイブしていなくなった少女たち、それからホランドやタルホたちが倒れています。

 

またデューイは受肉したといい、何やら意味深です。

また、ラーゼフォンに登場したような卵が出現し、中から新たな姿のニルヴァーシュが出てきます。

 

彼は何かの存在をエウレカに訴えていて、最後に、レントンが生きていることが示され、物語は終わります。 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

本当はもっと詳しく書かないといけないのですが、詳細を書こうとして嘘が多くなってもいけないので、あえて抽象的に書かせていただきました。

 

これは自分で見ないと理解できない、納得できない部分が多くあると思いますので、ぜひ劇場でご覧ください。

 

f:id:harutoautumn:20181110213558j:plain