百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

徹底ネタバレ解説!『マスカレード・ホテル』あらすじから結末まで!

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

 

都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。

【「BOOK」データベースより】

 

2019年1月18日に映画が公開予定の本書。
木村拓哉さん、長澤まさみさんなどが主演します。

 

最近、改めて東野圭吾さんにはまっているのですが、これほどのクオリティの作品を絶えず書いているのって冷静に考えると、すごいことですよね。
本書に関しても最後までオチが読めず、ページをめくる手が止まりませんでした。

 

タイトルにある『マスカレード』ですが、『仮面舞踏会』という意味で、物語中の登場人物、山岸尚美の発言が由来となっています。

 

要約すると、ホテルに来る人々はお客様という仮面を被っていて、ホテル側はその仮面を尊重し、決して剥がそうと思ってはいけない。
なぜならお客様は、仮面舞踏会を楽しみにホテルに来ているのだから、ということです。

 

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。
ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。


 

 

 


潜入捜査

 

物語の舞台は、一流ホテルのコルテシア東京。
山岸尚美は若いながら非常に優秀なホテルマンで、『お客様がルール』をモットーに仕事に励んでいました。

 

そんな彼女ですが、ある日、総支配人の藤木たちに呼ばれて行くと、フロントの彼女だけでなくベルキャプテン、ハウスキーピングの責任者も呼ばれていました。
藤木はホテルの人間にも迂闊に話せないと前置きした上で、警察の捜査に協力することになったことを伝えます。

 

最近、同一犯と思われる殺人事件が三度も続けて起こっていて、警察はある理由から四度目の事件の場所がこのホテルで起こる可能性が高いとして、捜査員をホテルの従業員に紛れ込ませたいと言ってきたのです。
時期はこれから十日ほどと決まっていましたが、警察はまだ犯人も狙われている人物も特定できていません。

 

お客様に迷惑がかかると尚美たちは反発しますが、これは決定事項だとして、五人の捜査員が従業員として常駐することになります。
フロントには新田浩介という若い刑事が配置されますが、彼は明らかに不本意そうな顔をしていて、彼の面倒を見ることになった尚美も顔には出しませんが、不満をにじませます。

 

しかし、仕事に変わりはなく、尚美は新田に臆することなく厳しく指導し、ホテルマンに見えるよう教育します。

新田ははじめて知ることとなったホテルマンとしての常識に耳を疑いますが、尚美の指導、そして本人の資質もあり、短期間でホテルマンらしい振る舞いを覚えていきます。

 

一方、尚美は藤木たちにこのホテルが犯行場所となる根拠について聞きますが、教えてもらえません。
藤木たちは警察から根拠について教えてもらっていますが、本来であればそれを公表し、犯罪を未然に防がなければなりません。

 

しかし、犯人逮捕の証拠を何も持っていない警察にとって、この機会を逃せば逮捕できる可能性がなくなってしまいます。
そこでホテル側は警察が絶対に守るという言葉を信じ、捜査に協力することを決めたのでした。

 

もし殺人が起きてしまった場合は、自分たちが知っていたことも含めて公表し、藤木たちは責任をとるつもりです。
藤木は、尚美にとってこのホテルに入るきっかけをくれた憧れの人物です。

 

そんな彼の従業員に対する配慮に感謝し、一方で自分が藤木たちを守らなければと意気込みます。
その後も尚美と新田は反発し合いますが、日々の業務を行ううちにそれぞれの長所が見えてくるようになり、次第にお互いを認めるようになります。

 

またホテルに来るのは、単なるお客様だけではありませんでした。
以前、新田が組んでいた能勢が宿泊客として現れます。

 

彼は自分が知りえた捜査情報を新田に報告し、また捜査に出てしまいます。


 


視覚障害者の女性

 

ある日、片桐瑶子という視覚障害者の女性が宿泊客として現れ、接客対応に尚美を指定してきます。
新田は瑶子が白い手袋をしていることを気にしていました。

 

視覚障害者にも関わらず、手のひらから入る情報を遮断する理由は何かと。
しかし、お客様によって事情が違うとして尚美は気にせず瑶子に対応します。

 

おかしな注文が多く、時折目が見えているような仕草を見せる瑶子を訝しみつつも、ホテルマンとしての対応を忘れません。
するとチェックアウトの際、瑶子は自分が本当は目が見えることをカミングアウト。

 

彼女の夫が視覚障害者で、近いうちにこのホテルを利用する予定になっていたため、対応に問題がないか下見にきたのだといいます。
白い手袋をつけている理由について、火傷の痕を隠すためだといいます。

 

瑶子は尚美の期待以上の接客に満足し、帰って行きます。
すると、これまでの仕事ぶりを見て、尚美が信用できると判断した新田は、ある数字を見せます。

 

それは、犯行現場に残されていた犯人からのメッセージで、警察が次の犯行場所がこのホテルだと推測した根拠になるものです。
一つ目の事件に残された暗号を例にとります。

 

45.761871
143.803944

 

事件が起きたのは十月四日で、上の数字から十、下の数字から四を引きます。
すると、その数字は第二の犯行現場となった緯度、経度を示していたのです。

 

そこで第三の現場に残された暗号を同様に解読し、このホテルだと推測したのでした。
しかし、新田はただ尚美に教えたわけではありません。

 

従業員の中に犯人がいる可能性もあるとして、宿泊客同様、注意して見てほしいと頼みます。
尚美は身内を疑う新田に不快感を示しますが、より注意深く観察するようになります。

 


おかしな男女

 

能登から報告があり、本部は捜査方針を変え、これまでの事件との繋がりを無視して捜査するよう指示があったことが判明。
新田は、これまでの事件の暗号を解読してこのホテルに潜入しているため、新たな方針に納得できない部分もありましたが、命令には逆らうことは出来ません。

 

一方、フロントに安野絵里子と名乗る女性が宿泊客として現れ、写真を見せてこの男を近づけないでほしいと尚美に要求します。
尚美は事情を聞きますが、プライベートを理由に断られ、どう対応するべきか迷いますが、警察の意向もあって警戒することになります。

 

尚美は別段珍しくないことだといい、中には巧妙な手を使って宿泊客に近づこうとする人間もいるくらいだと説明。
その中でも印象的なこととして、尚美は一年前の出来事を新田に話します。

 

ホテルを訪れた女性は、宿泊している男性と遠距離恋愛をしていて、驚かせるために彼には自分のことを教えずに通してほしいとお願いします。
しかし、尚美が男性に確認をとったところ、そんな女性は知らないから追い返してくれと指示されます。

 

尚美はそんな男性は宿泊していないと嘘をつきますが、女性は諦めず、自分も宿泊したいと言い出します。
しかし、尚美は宿泊している男性を優先し、空きの部屋がないと嘘をつき、女性を追い返したのだといいます。

 

ここでは単なるエピソードの一つとして語られますが、後になって重要な意味を持ってきます。
その夜、新田がこれまでの事件について悩んでいると、尚美の助言で思わぬ突破口が開けます。

 

彼女の言葉通りなら、アリバイを崩せる可能性があります。
その時、潜入している他の捜査員から写真の男性が現れたと連絡が入ります。

 

宿泊表に男性は記名しますが、名前も住所もデタラメでした。
また絵里子の名前も住所もデタラメだったため、どちらを信じればいいのか分かりません。

 

予約客を追い返すわけにはいかず、男性の部屋を絵里子から離して通すと、彼女にこのことを報告。
尚美たちも警戒します。

 

すると防犯カメラに、男性の部屋に知らない女性が入っている姿、そして絵里子もまた男性の部屋に向かう姿が映っていて、尚美は気が付きます。
本当は逆で、絵里子が男性を追ってきたのではないかと。

 

尚美と新田は慌てて男性の部屋に向かいます。
すると、見知らぬ女性が急ぎ足で出ていき、男性と絵里子だけがいました。

 

ここで絵里子はようやく事情を説明してくれます。
実は二人は夫婦で、浮気に気が付いた絵里子はその現場を押さえ、離婚届を突きつけようと考えていただけなのでした。

 

こうして謎は解決し、これらのお客様は事件とは何の関係もありませんでした。


 


言いがかり

 

新田は尚美の助言をきっかけに思いついたことを能登に話し、上層部には内緒で捜査してもらうようお願いします。
そんな時、栗原という男性客が現れ、何をするにも新田を指名し、嫌がらせのようなことを執拗に続けます。

 

新田はこの男性客に見覚えがありましたが思い出せず、自分が刑事だとバレたのではと不安になります。

ところが後に、栗原が自分の高校に来た教育実習生で、新田が恥をかかせたことで教師を目指す自信をなくし、その後も職場を転々としていることが判明。

 

つまり逆恨みです。
新田は何度もキレそうになりますが、その度に尚美の言葉を思い出し、冷静に接客します。

 

その結果、栗原は新田のプロとしての対応に根負けし、これまでのことを謝罪。
新田もそれらを水に流し、今からでも遅くはないと栗原の再挑戦を応援するのでした。

 


思わぬ進展

 

ここで捜査に思わぬ展開が訪れます。
会議を行うということで深夜に集められると、一課係長の稲垣は新田たちが独自に追っていた人物をマークすると捜査方針を言い渡します。

 

やがて新田は気が付きます。
自分と能登の単独調査に気が付いた本部が、あたかも自分たちが捜査したかのようにするために大々的に方針を打ち出したのだと。

 

しかし、稲垣は手柄を横取りすることが目的ではない、事態はもっと複雑だとして新田にあるメールのやり取りを見せます。
そこにはx1からx4までの四人の人物が登場し、これまでの事件の報告のやり取りがありました。

 

さらに調べると、x2が闇サイトで三人の殺し屋を雇ったことが判明。
つまり、事件それぞれに犯人がいることになります。

 

現時点で、警察はx1、x2はおさえ、x3に関しても近々分かるだろうと踏んでいます。
ところが、これから犯行に及ぶx4だけは何の情報も得ておらず、このまま他の犯人だけを逮捕してしまったら、それを知ったx4が犯行を止めてしまう可能性があります。

 

そこで警察は犯行の裏付けだけ済ませて逮捕せず、x4を逮捕してから他の犯人を逮捕しようと考えているのです。
捜査の都合とはいえ、ずっと仲間外れにされてきた新田は納得できず、また知っていたのに黙っていた能登に強い怒りを感じるのでした。

 


独自の捜査

 

急に覇気のなくなった新田の様子に気が付く尚美ですが、別の問題が起きます。
今度、このホテルで式と披露宴を挙げる予定の新婦がストーカーに付きまとわれているというのです。

 

尚美には警察の追う事件と関係しているのか判断がつけられませんでしたが、新田にこのことを報告。
警察本部もストーカーの正体がx4なのではと疑い、警戒します。

 

しかし、新田は結婚式当日もフロントにいるよう命じられ、捜査から外されたも同然の扱いにますますやる気をなくします。
一方、尚美はそんな新田の様子に気が付き、少しでも力になろうと出来る範囲で調査を進め、能登もこれまでの裏切りを謝罪し、改めて二人だけで本部とは違う方面から捜査しようと提案します。

 

新田は何度も拒否しますが、能登は彼の力になってほしいと尚美にお願いし、彼女もそれを了承。
次第に新田も心を開くようになり、これまでの捜査の進行状況を尚美に打ち明けます。

 

ホテル第一の尚美は、すぐに公表して未然に防ぐべきだと主張しますが、新田は何としても犯人を捕まえたいのだと訴え、問題の結婚式の日まで黙っていてもらえることになりました。
その後、尚美は事件の全貌を知ってしまったがゆえのミスを起こしてしまいますが、それがきっかけとなって新田はx4には殺したい人間が二人いることに気が付きます。

 

x4は二つの事件を関連づけると自分が容疑者として浮かび上がってしまうことに気が付いていて、だからこれから起こす事件をこれまで起きた三つの事件に関連付け、もう一つの犯行から遠ざけたのです。
そこで能登は、ここ最近で都内、もしくは近郊で未解決の殺人事件について捜査を始めます。

 


結婚式前日

 

結婚式を前日に控え、新たな問題が発生します。
新郎から連絡があり、新婦と共に前日から宿泊したいのだといいます。

 

断れる理由もなく、ホテルはそれを受け入れ、警察も警戒を強めます。
そんな中、新婦宛に友人からワインが届けられますが、不審に思った尚美が確認すると、その友人は何も送っていないことが判明。

 

鑑識に回すと、コルク栓に針のようなもので穴を開けた形跡があり、何らかの薬剤が混入している可能性が高いと予想されます。
毒を仕込んだのであれば、犯人は今日は動かないと新田は判断し、尚美と共に明日に備えます。

 

その夜、捜査を進めた能登が報告のためにホテルを訪れます。
彼の捜査の結果、ある強盗殺人が怪しいといいます。

 

被害者は松岡高志という男性で、同棲中の女性が死体を発見しました。
解剖の結果、右の足首に注射の痕があることが分かり、今回のワインへの薬物の混入と類似点が見られます。

 

その後、能登は松岡の関係者にあたり、このホテルとの関連を調べます。
すると大学時代の友人が、彼が去年、上京の記念にこのホテルに泊まったことを証言。

 

能登はさらに調べるために、松岡が学生時代にいた名古屋に行くことを決めます。
新田は、松岡が泊まった正確な日にちを調べることにします。

 

またこの時、能登はワインに薬物を仕込んだのが仮にx4だとしても、それで相手を殺害しようとは思っていなかったのではと言います。
理由として、暗号のことを挙げます。

 

例の暗号には殺害した日付が重要となり、一日違うだけで緯度も経度も大きくずれてしまいます。
そして、毒殺ではその日に亡くなったのか、日付が変わってから亡くなったのか犯人には確認できません。

 

新田は、能登の素晴らしい着眼点に改めて感心させられるのでした。

 


当日

 

新田は松岡が宿泊した日のことを尚美たちにたずねますが、特に問題はなかったといいます。
一方、名古屋に到着した能登から追加情報が入ります。

 

松岡は学生時代、芝居に夢中だったことが分かり、芝居仲間に聞きこみをしてみるのだといいます。
結局、犯人の正体が掴めないまま結婚式はスタートし、そのまま披露宴に移行します。

 

その時、尚美は怪しい女性を見つけます。
新田が確認すると、なんとそれは女装した男性でした。

 

男性はエスカレーターに乗って移動したため、新田はこのことを捜査員に報告。
職質をかけたところ、逃亡したため拘束すると、男性は頼まれただけのバイトで、送られてきたワインのことも知りませんでした。

 

また手紙を預かっていて、そこにはこれまでと同様の暗号が書かれていました。
新田のもとに能登からメールが届き、そこには松岡の所属していた劇団の写真が添付されていました。

 

新田は写真を見て、老婆役の女性に見覚えがあることに気が付きます。
能登に確認をお願いし、通りがかったホテルマンに尚美のいる場所を聞きますが、以前ホテルを利用した片桐瑶子が再び訪れ、接客中だといいます。

 

場面は変わり、尚美は瑶子の対応をしていましたが、再びおかしなお願いをされ、変だと思いながらも従います。
すると、気が付けば両手足を拘束されていて、ようやく事態の異常さに気が付きます。

 

さらに場面は変わり、新田も事態に気が付いていました。
能登によると、写真の女性は長倉麻貴といい、老婆に扮するのが得意なのだといいます。

 

また薬学部を卒業していて、薬物の扱いにも長けていることが判明します。
新田は長倉の部屋を調べますが、尚美は彼女のために五つの場所がバラバラな部屋をおさえていて、急いで一部屋ずつ当たります。

 

場面は戻り、麻貴は尚美に対し、自分のことを覚えているかと聞きます。
尚美はすぐには思い出せませんでしたが、一年前の写真を見せられて気が付きます。

 

麻貴は去年、尚美が追い返したお客様でした。
麻貴は当時、松岡の子どもを妊娠していて、責任をとらせるためにどうしても宿泊中の松岡に会う必要がありました。

 

しかし、部屋も空いておらず、結局、麻貴は寒い中を外で過ごすことになり、それが原因で流産したのでした。
松岡がこのホテルに泊まることは、もう一度上京する時はこのホテルに泊まると本人が言っていたため、麻貴は知っていたのです。

 

この時のことで麻貴は松岡、尚美に恨みを持ち、松岡を殺害、そして尚美のことも殺害しようとしていました。
また彼女は尚美と同じ髪型にし、似た服装を用意していました。

 

体格も似ているため、麻貴だけが出ても、尚美が接客を終えて出てきたのだろうと怪しまれる心配はありません。
さらに宿泊表に書いた名前や住所はデタラメ、前回の宿泊でもずっと白い手袋をしていたため、警察が麻貴にたどり着くことはありません。

 

この時、新田が二人のいる部屋を開けますが、麻貴は尚美をバスルームに連れ込んでいたため新田は気が付かず、ドアの閉まる音がします。
麻貴は注射器を構えていて、ここまでかと尚美は覚悟を決めます。

 

しかし、寸前のところで新田が入ってきて、麻貴を取り押さえます。
実はドアをわざと閉めて、帰ったと誤認させたのです。

 

彼がここに尚美がいると分かった理由はいくつかあります。
ベッドが乱れていたこともそうですが、かすかに尚美のいい匂いがしたのだといいます。

 

それが分かったのも、これまでずっと一緒に働いてきたからでした。
尚美は思わず微笑みそうになりますが、それを見られたくなくて俯くのでした。

 


結末

 

麻貴の逮捕によって捜査が一気に進みます。
元々解決していた第一、第二の事件に加え、第三の事件の犯人も見つかり、これで一連の事件の犯人を全て逮捕出来る状況に持っていくことが出来ました。

 

また女装した男性が持っていた手紙に書かれていた暗号について、解読すると第一の犯行現場を示していて、完全なループとなって完結することを示していました。
事件後、尚美は藤木たちに対し、事件について知っていたにも関わらず黙っていたことを謝罪します。

 

藤木は彼女を注意しますが、それは秘密にしてほしいということをこうして打ち明けたことでした。
これだけの大事なことをお客様から打ち明けられたら、ホテルのためだろうと簡単に他人に教えてはいけないと。

 

そして事件について、実は藤木たちも知らされていて、その上で公表しないことを決めていたのでした。
尚美は藤木の狡猾さに愚痴をこぼしますが、これも勉強だと言われるのでした。

 

後日、尚美は助けてもらったお礼として、新田と能登をホテルの最上階にあるフレンチレストランに招待します。
ところが、途中で能登のもとに電話が入り、娘の彼氏が遊びに来るからと帰ってしまいます。

 

もちろん新田は、彼が気を利かせてくれたことに気が付いています。
こうして二人きりになり、東京の夜景をバックに乾杯を交わすのでした。

 


最後に

 

いかがでしたでしょうか。
ミステリーとしての側面はもちろん、はじめは否定し合っていた尚美と新田が少しずつ歩み寄り、お互いに成長していく姿は極上のエンターテイメントでした。

 

今後、二人の男女として進展はあるのでしょうか。
すでにシリーズとして前日譚も出ていますので、今後に期待したいと思います。

 

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)