百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

徹底ネタバレ解説!『夜のピクニック』あらすじから結末まで!

夜のピクニック (新潮文庫)

 

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

【「BOOK」データベースより】

 

恩田陸さんの代表作です。
高校生活の大イベント、夜を徹して80キロもの道のりを歩く『歩行祭』を通して、高校生たちの秘めた思いを描いてるのですが、まさに青春小説そのものです。

 

恩田さんご自身が体験されたのではないかと思うくらいに五感に訴えかけてくる文章で、自分も彼らと一緒に長い道のりを歩いた達成感を味わうことができます。
さらに歩くという非常に単調な作業のはずなのに、物語として成立している。このバランスは素晴らしいと思います。

 

この記事では、本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。
ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。


 

 


歩行祭

 

物語の舞台となる北高では毎年、歩行祭というイベントが開催されていました。
内容は単純で、全長80キロの道のりを夜を徹してひたすら歩く、ただそれだけ。

 

ただ苦しいだけに思えるイベントですが、回数を経るごとにそれは強い思い出となって生徒たちの記憶に刻まれ、三年生にとっては学生生活最後の思い出でもあります。
この物語は、その三年生たちに焦点を当てた物語です。

 

それぞれ最後の歩行祭に対して特別な思いがあり、それらが複雑に絡み合います。

 


それぞれの思い

 

全体のあらすじに入る前に、この物語の主軸となる要素をピックアップしたいと思います。

 


異母きょうだい

 

三年生になって初めて同じクラスになった西脇融(とおる)と甲田貴子ですが、二人はとても険悪な関係にあります。
特に融の貴子に対する嫌悪感はすさまじく、憎悪といっても過言ではないほどです。

 

それには理由があり、二人は実は異母きょうだいなのです。
融の父親は商事会社を共同経営していた貴子の母親と浮気して、二人は同じ年に生まれます。

 

貴子の母親は離婚していたため、周囲からは別れた夫との間にできた子どもだと認識されていました。
融の母親は浮気を知っていましたが何も言わず、貴子の母親も養育費はもらわず、女手一つで貴子を育てます。

 

これだけなら二人はいがみ合わずに済みました。
ところが、融の父親が胃癌で亡くなり、その葬式で初めて二人は出会いますが、そこでお互いの存在を嫌というほど認識します。

 

父親の浮気が原因でぎくしゃくし、しかし原因となった貴子とその母親は養育費をもらわなかったため、その不満をぶつけられずにいる融。
たくましい母親に育てられ、卑屈にならずにまっすぐ育つことのできた貴子。


二人の間には温度差があり、堂々としている貴子に融は憎しみを覚えます。
一方、貴子はそれも仕方ないと諦め、受け入れていました。

 

二人がきょうだいであることを知っているのは、本人たちの他には貴子の母親から聞かされていた親友の遊佐美和子と榊杏奈のみ。
後述しますが、杏奈は帰国子女で二年生の時に貴子と美和子と同じクラスになりますが、この春にアメリカに戻ってしまいました。

 

非常にデリケートな問題ですが、歩行祭の中で融と貴子の気持ちは少しずつ変わっていくことになります。


 


遠く離れた親友

 

上述した杏奈ですが、彼女は最後の歩行祭に参加できないことを非常に残念に思っていました。
しかし、彼女からいくつかの置き土産がありました。

 

一つは、十日ほど前に貴子のもとに届いた杏奈からの手紙。
そこには、今年の歩行祭は自分も一緒に歩いていること、去年おまじないをかけておいたと書かれていました。

 

貴子には意味が分からない文章ですが、その意味が後で明らかになります。

 

もう一つが、杏奈の弟の順弥の存在です。
彼については後述します。

 


親友の弟

 

去年の歩行祭で、知らない生徒が紛れて一緒に歩いていたという目撃情報が多数あり、幽霊なのではと噂されていました。
ところが、それは杏奈の弟、順弥であったことが判明します。

 

彼はアメリカから来日すると友人の家に泊まり、今年も歩行祭に紛れ込みます。
彼は杏奈が歩行祭にこだわることを不思議に思い、彼女に内緒で去年参加し、後で怒られています。

 

さらに彼は歩行祭の良さが分からず、それを杏奈に伝えると、あんたなんかに分かるものかと言われてムキになり、今年も参加しました。
もちろん歩行祭を満喫することもそうですが、それ以外に彼は杏奈の好きな人を捜す目的もありました。

 

彼は後に、融と貴子の関係を変えてくれるキーマンになります。

 


父親捜し

 

歩行祭が始まると、どこからか聞こえてくる父親捜しの話。
北高の近所の女子高で人気のある二年生の女子生徒が最近子どもを堕ろし、その父親が北高の三年生の中にいるのだといいます。

 

三年生の古川悦子はその子どもを堕ろした女子生徒の従姉妹で、正義感から相手を見つけようと女子にだけ従姉妹の写真を回し、調査します。
父親は三年生の本間だといわれ、理由は自宅が病院の隣で、離れに二部屋もらっているため、誰の目にもつかずに会うことが可能だったからです。

 

結局、当事者は直接登場しないため、本間が本当に父親なのかは最後まで分かりません。
また、古川が正義感から捜してるのではなく、従姉妹が古川をあおってそう仕向けた可能性が浮上し、自分の評判を傷つけてでも悲劇のヒロインになりたがる従姉妹の心理が垣間見えます。

 

また、貴子は町で融の親友である戸田忍が女子生徒と歩いているところを目撃しますが、それが古川の従姉妹でした。
しかし、付き合っていたわけではありません。

 

忍は友人の仲介役となって古川の従姉妹とくっつけますが、従姉妹は次第に忍を好きになり、しかし忍はそうは思えずにいました。
そして、久しぶりに入ってされた相談が、子どもを堕ろしたことでした。

 


恋する乙女

 

最近特にモテる融ですが、やっかいな相手から目をつけられます。
それは同じ三年生の内堀亮子です。

 

美人で、そのことを十二分に理解し、自分が欲しいものは絶対に手に入れる子どものような性格。
かつて忍と付き合っていましたが、彼曰くめちゃめちゃ打算的な性格。

 

亮子のおかげで融と貴子はやきもきさせられることになります。

 


小さな賭け

 

ここからは本筋に沿った話。
歩行祭では、最初にクラスで、後に自由な相手と一緒に歩くことができ、融は忍と、貴子はクラスメイト二人とスタートします。

 

日付が変わる頃、夜行性の三年生の高見光一郎がテンションを上げ、歩行祭中に融の誕生パーティーをすると融たちと貴子たちを誘います。
しかし、肝心の融は亮子に捕まり、誕生日プレゼントを渡され、貴子との関係について追及されますが、融はこれを否定。

 

周囲も貴子こそが融に告白するべきだと言いますが、貴子もそれを無視。
二人が牽制しているのを、周囲は好意があるのではと勘違いしていました。

 

亮子がいなくると、忍たちは融と合流。
成り行きで融の誕生日を祝うことになった貴子。

 

緊張して話せないと思っていましたが、歩行祭を通して彼を見ているうちに緊張がほどけ、気が付けば自然におめでとうと言っていました。
そして、それは融も同じで、ありがとうと返していました。

 

そして、彼女は思います。
自分で決めた賭けに勝ったのだと。

 


おまじない

 

途中のポイントで仮眠を終えると、ここからは自由歩行となり、融は忍と、貴子は美和子と一緒にゴールを目指します。
最後の長い道のりで、忍と美和子はそれぞれ融と貴子の気持ちを見抜き、素直になって向き合うことを勧め、二人も考えます。

 

しかし、ここでアクシデントが発生。
融の足首が限界をむかえ、最後まで歩行することが困難になってしまいます。

 

歩けないならバスに乗ってゴールに向かわなければならず、融はこれを頑なに否定。
そこに貴子と美和子が追いつき、美和子はせめて融の荷物をみんなで分担しようと提案。

 

さりげないアシストで融と貴子は一緒に歩くことになります。
融も負担が減り、なんとかゴールを目指します。

 

最初は融と美和子、忍と貴子で隣り合って歩くことになり、ここで忍が貴子に好意を寄せていることが判明しますが、貴子はこれをはぐらかします。
また、途中で順弥が合流。

 

彼は昨日一度、貴子たちと会ってから別の場所で休み、車で追いついて彼らに声を掛けたのです。
そして、順弥は融に、杏奈の友達にきょうだいがいるでしょうと聞き、意味の分かる融と貴子は絶句します。

 

杏奈は事前に順弥に、友達のきょうだいのことが好きだと話していたのです。
この中で事情を知らなかったのは忍だけでしたが、二人の表情を見て察し、寂しさを滲ませます。

 

順弥はまずいことを口にしたと思いますが、美和子は杏奈は怒らないと断言。
そして、おまじないは効いたと順弥に伝言をお願いし、順弥は一足先に車でゴールに向かいます。

 

美和子は気が付いたのです。
杏奈が去年掛けたおまじない、それは順弥のことでした。

 

彼女は、順弥の性格を熟知していました。
絶対にダメと言ったらわざとそれをすることを。

 

だから去年、あんなには分からないと順弥を怒り、今年も歩行祭に参加するよう仕向けたのです。
また、自分の好きな人は友達のきょうだいだと教えることで、順弥がその相手を探すのも想定内。

 

杏奈の思惑通り、順弥は融を捜しあて、融と貴子が周囲に言えなかったきょうだいである事実をいとも簡単に言わせます。
これは、融と貴子に和解してほしいと願い杏奈の思いでした。

 


結末

 

この上ない状況が整い、覚悟を決める融と貴子。
そこに融と最後の思い出を作ろうとする亮子がやってきますが、高見やその友人、それに忍と美和子が融たちから引き離し、二人はついに二人きりで歩き出します。

 

融は足首の痛みが紛れるような話をしてほしいとお願いし、貴子は自分でした賭けについて話します。
この歩行祭で一言でも融と言葉を交わせたら、彼を誘おうと思っていたのです。

 

初めは父親の墓参りと思いましたが、まずは自分たちの未来に目を向けようと、貴子はうちに遊びに来て母親と会ってほしいと融にいいます。
融は驚きますが、それはいい提案だと思い、了承。

 

そして、これからの二人の関係について考えます。
ドラマではいい雰囲気になって終わりですが、自分たちには明日以降も人生が待っています。

 

決して恋人のような甘い関係にはならないし、大変なこともあると予感がありました。
しかし、それでも二人で支えあって生きていくのだと思い、それから二人は離れ、元の自由歩行のペアでゴールを目指します。

 

融はすぐにではないが、貴子も家に呼び、母親に会ってもらうのだと決意していました。
ゴールで待っていた順弥はそんな融が歩いてくるのを見て、さっきまでと違って爽やかな表情を見せていることを不思議に思うのでした。

 


最後に

 

いかがでしたでしょうか。
本筋と関係ない話が多いため、あらすじだけ切り取ると少しあっけない気もしますが、ストーリーと関係ない会話一つ一つにも青春が凝縮されているので、ぜひ本書を手にとって読んでみてください。

 

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)