百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

徹底ネタバレ解説!『本日は大安なり』あらすじから結末まで!

本日は大安なり (角川文庫)

 

11月22日、大安。県下有数の高級結婚式場では、4月の結婚式が行われることになっていた。だが、プランナーの多香子は、クレーマー新婦の式がつつがなく進むか気が気ではない。白須家の控え室からは大切な物がなくなり、朝から式場をうろつくあやしい男が1人。美人双子姉妹はそれぞれ、何やらたくらみを秘めているようで―。思惑を胸に、華燭の典に臨む彼らの未来は?エンタメ史上最強の結婚式小説!

【「BOOK」データベースより】

 

高級結婚式場の一日を切り取り、その日行われる四つの結婚式に参加する人たちの思惑、そして今日を最高の一日にしようと努力するウェディングプランナーたちの奮闘が交差する物語です。
大安ということもあってか、人間の嫌な部分が見えつつも最後はハッピーエンドに終わる非常に読了感の良い仕上がりになっています。

 

また辻村さんの他作品を読んだ人なら思わずあっ、と思ってしまうような人物、名称と出会うことが出来ますので、万人受けする内容だけれど、やはりファンの方のほうがより楽しめるかもしれません。
もちろん辻村さんの作品が初見だという方にもぜひおすすめしたい作品なので、読み終わったら別の作品にも挑戦していただき、ここに出てくるんだと知ってもらえたらなと思います。

 

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。
ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

大安とは

 

今ではあまり気にしない人も増えていますが、結婚式をするなら『大安』と思う人も多いと思います。
そもそも大安の意味ですが、以下の通り。

 

大安

 

暦注である六輝の中で、何事においても全て良く、
成功しないことはないとされる吉日。
結婚式など、祝い事には特に向いている。


成功しないことはない、すごい表現ですよね。
逆に『仏滅』はすべてのことに終日凶とされ、結婚式は避けて行われることが多くありました。

 

いつ行うのが正解ということはありませんので、当人同士、親族で相談の上、決めたらいいと思います。
後から文句を言われないよう大安に結婚式を挙げるのも一つですし、仏滅だと料金が安くなることもありますので、それを狙ってあえて仏滅に結婚式を挙げるのもアリだと思います。

 

結局は気持ちの持ちようではないでしょうか。
良いことも悪いことも起きる時には起きますので、それを万全の状態で受け止められるよう決められたらいいと思います。

 

 

初めに

 

本書では、開始時間の異なる四つの結婚式に関係する誰かの心情を時系列に沿って並べることで物語が進行していきます。
しかし、その通りに記載すると混乱してしまうので、この記事では結婚式ごとに取り上げて解説したいと思います。

 

 

相馬家・加賀山家

 

ここで視点になるのは、新婦の加賀山妃美佳、そして双子の姉の鞠香です。
彼女たちは一卵性双生児ということもあって非常によく似ていて、仲の良い姉妹です。

 

しかし、それだけではありません。
お互いを意識するあまり、相手の大事にする人を欲しがったりちょっとしたことで優越感を感じるなど、よくも悪くも依存関係にあります。

 

そして、それは結婚式においても発揮されます。
妃美佳の相手である新郎の相馬映一は彼女のそういったややこしい部分に気が付き、そこに惚れて結婚に至りますが、一度だけ鞠香のことを妃美佳と勘違いしたことがあり、妃美佳は自分と鞠香の区別がつかない映一に不満を持ちます。

 

そこで妃美佳は鞠香に持ち掛け、結婚式当日に入れ替わり、鞠香を新婦として結婚式を進行させます。
妃美佳は鞠香として親族の立場から結婚式を見守り、もし映一が最後まで見抜けなければ別れるつもりでした。

 

一方、鞠香にもこの役目を引き受けた理由があります。
彼女は映一に妃美佳と間違われたと発言していますが、それは嘘で、彼は一目で鞠香だと気が付いていました。

 

鞠香のプライドは傷つけられ、この結婚を許してしまえば、自分は映一以上の男性と結婚しなければいけないと妃美佳に対して密かに対抗心を燃やします。
だから今回入れ替わって映一を騙すことであの日のことは何かの間違いだと証明し、妃美佳の選んだ男を独り占めにする優越感に浸ろうとします。

 

ところが結婚式の途中で火災を知らせる警報が鳴ると、なんと映一は迷わずに参列席にいる妃美佳の手をとり、『妃美佳』と確かに呼びます。
序盤で妃美佳に扮した鞠香が映一に声を掛けると、彼は『勘弁してよ』と口にします。

 

映一はこの時点で二人が入れ替わっていることに気が付いたのです。
それでも今日一日は新婦である妃美佳の好きにさせようとあえて泳がせていたのです。

 

映一は本当の意味で妃美佳のややこしい部分に気が付いていて、そして彼女たち以上にややこしい男性だということです。
彼は避難を終えると、鞠香に対して妃美佳をもらうことを改めて宣言し、鞠香は映一と妃美香の二人に負けたことを認め、さらにややこしい相手を見つけなければならないとため息をつくのでした。

 

 

 

十倉家・大崎家

 

ここで視点になるのは、この結婚式の担当プランナーである山井多香子です。
彼女は転職して今の職について五年になりますが、七年前は自分が結婚式を挙げる予定でした。

 

ところが彼氏の浮気によって結婚は取りやめ。
彼女が結婚する前提で会社も代わりの人を入社させてしまったため退職するしかありませんでした。

 

そんな彼女ですが、結婚式の準備のために式場のプランナーと打ち合わせる際、その人物の至らない点が目につき、自分が幸せな結婚式のお手伝いがしたいと思い、未経験だったこの業界に飛び込みます。
そして十倉家・大崎家の結婚式の担当になりますが、なんと新婦の大崎玲奈は七年前、当時の交際相手の浮気相手でした。

 

多香子はすぐに気が付きますが、玲奈が気が付く様子もありません。
さらに玲奈は感情の起伏が激しく、自分の思い通りにならないと気が済まないタイプで、多香子は何度も担当を交代したいと思っていました。

 

しかし、ここで交代してしまっては恋人だけでなく、プランナーとしてのプライドすらも奪われてしまうと感じ、歯を食いしばって耐えます。


そうして、ようやく迎えた結婚式当日。

しかし、順調とは程遠いものでした。


スピーチをお願いしている玲奈の友人の着付けの予約が入っておらず、急いで人と場所の確保に奔走、玲奈にも謝罪します。

原因は玲奈な手配忘れだと思われますが、それを多香子が口にすることは許されません。


なんとか問題を解決し、別のカップルの式の打ち合わせをしながら自分の担当の結婚式の無事を祈ります。

ところが、サロンに戻ると同期入社の岬から声を掛けられ、今度は玲奈が高砂のキャンドルを変更したいと言い出したことを伝えられ、苛立ちはさらに募ります。


それでも仕事と割り切り、会場にそっと入ってキャンドルを交換します。

すると突然、スポットライトが多香子を照らし、戸惑う多香子。


司会者はそんな多香子を紹介し、玲奈と十倉が近づいてきて、玲奈が手紙を読み上げます。

それは、これまで微塵も感じなかった多香子への感謝の気持ちでした。


玲奈は自分がわがままであることを自覚し、それに応えてくれた多香子に感謝の言葉を述べ、以前多香子があげたハンカチのお礼にとハンカチをくれます。

多香子はありがとうございますとだけ言い、ようやく気が付きます。


岬もグルで、このサプライズを知っていたのだと。

そして、自分から結婚式を取り上げた玲奈にもかかわらず、多香子はその言葉を胸に強く思います。


自分はこれから先も、どんなに苦労してもこの言葉があればやっていけると。


多香子はサロンに戻ると、もらったハンカチを胸ポケットにあるものと交換しますが、その時、火事を知らせる防災ベルが鳴り響きます。
多香子はお客様を避難させなければと玲奈たちの式場に向かおうとしますが、岬は逃げ遅れたらいけないと二階の玲奈の会場には自分が行くといいます。

 

しかし、多香子は逆にいいます。
自分が担当したお客様の会場は、顔が分かった人がどうにかしなければならないと。

 

その言葉に岬は頷き、自分の担当した相馬家・加賀山家の会場に向かいます。
多香子も玲奈たちの会場に向かい、避難するよう指示。

 

玲奈が多香子たちに従うよう会場に呼び掛けてくれたことで避難はスムーズに進み、事無きを得ます。
火は無事に消し止められますが、原因は調子の悪い厨房のオーブンを無理に使用したことでした。

 

完全にホテル側の不手際であり、多香子が謝罪しても十倉は納得しませんが、なんと玲奈が助け舟を出してくれて、その場はなんとか収まります。
ホテル側は今後の対応について話し合いますが、チーフの仁科は大した火事ではなかったことを強調し、無料ではなく値引きすることをお客様に伝えるよう指示。

 

これには多香子が反論し、自分たちの不手際だからこそ誠意を見せるべきではと無料にすることを提案し、岬や他のプランナーも賛同してくれます。
話し合いが終わると、多香子は岬に賛同してくれたこと、自分の安全を優先して二階の会場に行こうとしてくれたことに対してお礼をいいます。

 

すると、岬から今度映画にでも行かないかと言われます。
デートのお誘いです。

 

多香子はこれを了承。
そして中止になってしまったけれど、せめて雰囲気だけでも味わってもらいたいと思い、ウェディングベルを鳴らすのでした。

 

 

東家・白須家

 

この物語の視点は、白須真空です。
彼は小学二年生で、母親の妹であるりえと東誠の結婚式に参加しますが、本番前、りえは披露宴で使用するカチューシャがないとヒステリーを起こします。

 

りえは白雪姫が好きで、カチューシャは白雪姫になるために必要なものでした。
険悪な雰囲気になりますが、カチューシャだけが原因ではありません。

 

りえの母親や姉は元から東との結婚に反対していたのです。
りえよりも年下で、同じ薬局の仕事仲間だけれど、東はアルバイト。

 

さらに顔合わせの時に食事のマナーがなっておらず、コミュニケーションもろくにとれない。
だから二人は、恋愛に疎かったりえが勝手に白馬の王子様が迎えに来たと勘違いしているのだと決めつけていました。

 

そんな中、東は真空に『こないだのこと、誰にも言っていないよね?』とたずね、真空は身を固くします。
真空は先日、東が職場の別の女性と親しげに歩いているのを見つけ、言葉こそ知らないけれど浮気だと直感します。

 

しかし、口止めをされ、りえが悲しむと思って誰にも言えずにいました。
挙式が近づくにつれ緊張する真空。

 

リングボーイという大役を任されていましたが、そのせいではありません。
彼はある決意を秘めてこの結婚式に臨んでいました。

 

挙式で自分の出番になり、真空はりえたちに向かって歩き出し、半分ほどでわざと転びます。
しかし、真空は男性が抱きとめられ、りえは彼のことを狐塚くんと呼びます。

 

そう、彼は『子どもたちは夜と遊ぶ』に登場する狐塚孝太です。
狐塚が真空を支えたおかげで挙式は滞りなく進み、披露宴までの休憩時間に入ると真空は狐塚に声を掛けられます。

 

その横には不良っぽい友人がいて、彼も『子どもたちは夜と遊ぶ』に登場する石澤恭司です。
恭司は別の結婚式に呼ばれていて、偶然狐塚と会っただけです。

 

狐塚は真空がわざと転んだことを見抜いていて、場所を変えて真空は事情を説明します。
カチューシャは真空が服の中に隠していて、狐塚は真空を抱きとめた時にそのことに気が付きました。

 

狐塚はカチューシャを渡してくれればうまく返すと提案しますが、真空にはまだ懸念がありました。
真空はあの日、東と女性が毒を飲ませると言っていたことを話します。

 

正確にはリンゴの中に入れること、もし東が食べてしまったらなど断片的なものですが、白雪姫の話を思い出せば、その意味は明白です。
真空は、東がりえを殺そうとしているのだと思っていました。

 

事情を聞いた狐塚と恭司は真空に協力してくれるといい、二人を信じて真空はカチューシャを狐塚に渡します。
ところが、披露宴会場に着くと、狐塚が東側の友人席に座ったことで愕然とします。

 

彼は東の友達で、自分はとんでもない間違いをしてしまったのではないかと。
途中でトイレのために退席すると、外に恭司がいて狐塚のことを聞きます。

 

すると、狐塚は東の大学時代の友人であることが判明。
そこに狐塚がきて直接聞くと、カチューシャはもう返そうと思っているのだと聞かされ、真空は絶望します。

 

しかし、話があると狐塚は恭司と真空に話します。

東はいい奴だけど誤解されやすいから、真空に東とりえを守ってほしいこと。


学者を目指しているけれど、りえのことを考えて諦めるか悩んでいること。

結局、真空はカチューシャを返すことに了承し、お色直しの時にはカチューシャはりえたちの元に戻って無事に進行します。


そして余興が始まり、それは白雪姫に出てくる魔女が登場し、りんごを新郎新婦に食べさせるというものでした。

真空は事前に狐塚からこのことを聞かされていて、毒でないことを祈りながら二人のことを見守ります。


しかし、りえが一口かじったところで火災を知らせる防災ベルが鳴り、会場はパニック状態になります。

その時、真っ先に避難するよう指示したのは東でした。


初めて見る東に真空は驚き、避難する前に余興で使用したりんごを回収して会場の外に出ます。

避難が終わると、結婚に反対していたことを改めて口にするりえの母親と姉。


真空はりんごを東に手渡し、中に婚約指輪が入っているんでしょ?といい、東も頷きます。

母親や姉の不満の一つに婚約指輪がないことが挙げられていて、東は余興を通じてりえに渡す予定だったのです。


つまり、真空の東への不信感から全てのことが良くないもののように見えただけで、別の女性との会話もただの余興の打ち合わせだったのです。

東の本当の姿を知れて、真空はりえのことを彼に託します。


そして東はりえに婚約指輪を渡し、自分はこの二人を守るのだと決意するのでした。

 

 

 

鈴木家・三田家

 

この物語の主人公は、新郎の鈴木陸雄。
彼は夜に行われるイブニングウェディングにもかかわらず午前中から会場にいて、帽子を目深にかぶっていかにも怪しい風貌をしています。

 

それには事情があり、彼は放火をしてこの結婚式を延期させようと目論んでいました。
新婦の三田あすかですが、彼女は浮気相手で、陸雄は既婚で貴和子という立派な妻がいます。

 

彼は昔からモテて、興味がなくてもその場で一番綺麗な女性を見つけると手を出さずにはいられませんでした。
あすかとの関係も時期がきたら終わらせる予定でしたが、二人で結婚式場を見た後、あすかの元に希望していた日時にキャンセルが出た連絡がいき、勝手に予約されてしまったのです。

 

そして本当のことを話せないまま、今日に至ります。
だから陸雄はゴルフに行くと嘘をついて貴和子に見送られると、放火して結婚式を中止させるために一足早く式場を訪れました。

 

陸雄には、なぜか昔からここぞというピンチでストッパーの役目を果たすものが目の前に現れることが度々あり、貴和子は彼にとってストッパーであり、運命の人でした。
だから裏切ることはできません。

 

陸雄は今回もストッパーが現れないかと願いますが、一向に現れる気配もなく、もはや自分で止めるしかありません。
覚悟を決めて披露宴会場に火をつけようとします。

 

その時、防災ベルが鳴り響きます。
なんと、今回もストッパーが現れたのです。

陸雄は安堵のあまり涙を流し、自分も避難をします。


ところが、話はそれだけではありません。

成し遂げた陸雄の前に現れたのは、彼が車に置いておいたはずのゴルフバッグを背負った恭司でした。


実は貴和子はボランティア活動に参加していて、そこで月子(子どもたちは夜と遊ぶに登場、本書には未登場)と恭司に出会い、陸雄の浮気について相談されていたのです。

恭司は貴和子と別れるにしろ、このまま結婚式を挙げるにしろ筋を通さないといけないと言った上で、貴和子が妊娠していることを打ち明けます。


それが発覚したのは陸雄の浮気が発覚したのと同じ時期で、だから陸雄には言えずにいました。

貴和子は離婚し、お腹の子どもを一人で育てる覚悟をしているといい、陸雄はようやくどうするにしろ、一度過去を清算しなければいけないと覚悟します。


そこにあすかから電話が入り、陸雄は自分が既婚者であることを伝え、彼女との関係を終わらせます。

そして貴和子にも電話をかけ、謝罪を繰り返しますが、貴和子は何も言いません。


途中で恭司が携帯を奪って貴和子と話すと、ゴルフクラブではかわいそうだと、拳で陸雄を殴ります。

そこで陸雄はようやく気が付きます。


今回の本当のストッパーは恭司で、それをよこした貴和子はやはり運命の人だと。

 

 

後日談

 

二年前の火事の騒動以降、体制が大きく変わり、チーフになった多香子。
彼女は別の部署に異動した岬と交際を経て、もうすぐ結婚式を挙げる予定でした。

 

あの後、結婚式を挙げ直したのは相馬家・加賀山家のみで、この式場が気に入ったのか映一と鞠香・妃美香はその後も食事に来ていました。

懲りない二人はその時も入れ替わって映一を試し、一目で気が付いた映一は『勘弁してよ』とため息をつくのでした。


また、本来であれば火事のことで評判がもっと落ちてもおかしくない状況でしたが、玲奈がテレビで当時のことを聞かれた際に式場の人も頑張ったとフォローしてくれ、あまり評判を落とさずに済みました。

そして、多香子が結婚する前の最後の担当。


そこには、陸雄の名前があり、彼女は二年前の火事の時にも名前があったことを覚えていました。

ロビーには陸雄、貴和子の他に生まれた子どもの姿があり、離婚は免れたようです。


二人は結婚式を挙げていなかったとはいえ、結婚して数年経つため、簡単な食事会とドレスの写真撮影を希望していました。

多香子は独身最後のお客様だと気合を入れると、いつもと同じように言います。


このたびは、おめでとうございます。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。
結婚式というたった一日、けれど多くの人の気持ちが詰まった大事な一日を舞台に、複数の結婚式が複雑に絡み合い、それが見事にほどかれていくのが非常に爽快でした。

 

狐塚と恭司、あと月子も話でだけですが登場し、懐かしい気持ちになれました。


あと、陸雄が他の結婚式の幸せな様子を見て、『俺も、貴和子もあすかも、こんなにも今日、不幸なのに』というものすごい棚上げ発言は呆れを通り越して、清々しくて面白かったです。

 

 

辻村さんのランキングを作りました。

辻村深月おすすめ文庫ベスト15+αを紹介!一度は読みたい名作選! - 百本文庫~夜更かしのお供に~

 

本日は大安なり (角川文庫)

本日は大安なり (角川文庫)