百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『私を知らないで』ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

私を知らないで (集英社文庫)

 

中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが…。少年時代のひたむきな想いと、ままならない「僕」の現在。そして、向日葵のように強くしなやかな少女が、心に抱えた秘密とは―。メフィスト賞受賞の著者による書き下ろし。心に刺さる、青春の物語。

【「BOOK」データベースより】

 

白河三兎さんの作品というと、本書を挙げる人も多いのではないでしょうか?

それくらい印象的で、何度も驚かされる作品です。

 

一見、青春恋愛物語のようなテイストなのですが、徐々に展開は重苦しくなり、最後は希望に向けて進むという起伏のある飽きのこないストーリー。

ただし、希望といってもただのハッピーエンドでないところがポイントで、その結末には賛否両論あるかと思います。

 

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

転入生とキヨコ

 

黒田慎平は銀行員の父親の転勤の関係で、住む場所を転々とする中学二年生。

今回は横浜に移り住み、慎平は繰り返しの転校で身に付けたスキルで嫌われない、けれど目立たないクラスのポジションを手に入れます。

 

新しいクラスの状況もすぐに把握しますが、彼には一人気になる女子がいました。

彼女の名前は新藤ひかりといい、クラスの中で群を抜いて美人でした。

 

しかし、クラス中が彼女を無視し、彼女もまたそのことを気にせず、いつも一人で本を読んでいます。

なぜ無視されているのか気になるところですが、下手に関わって自分の地位を落としたくない慎平は、気にしないふりをしてクラスに溶け込みます。

 

 

とりあえず付き合う

 

クラスを仕切る三田小百合ことミータンという女子から、彼女の子分である徳井彩ことアヤと付き合ってみないかと言われ、慎平は断り切れずにお試しでアヤと付き合うことになります。

アヤは聡明で慎平の冷めた心の内を見抜いた上で彼と付き合い、ひかりのことを教えてくれます。

 

ひかりはいつもお弁当におにぎりを持ってきて、裸の大将の山下清の女版としてキヨコと呼ばれていました。

キヨコは親に逃げられ、祖母と二人暮らしをしています。

 

また体を売っているなどと噂され、下手な同情はしてはいけないと強く言われます。

この時点で慎平はキヨコを助けようなどと思ってはおらず、そうなんだくらいの気持ちで聞いていました。

 

 

二人目の転入生

 

順調にクラスに溶け込んだ慎平でしたが、高野三四郎が転入してきたことによって状況は一変します。

高野はイケメンですが、空気を読まずに自分の思っていることを口にするところがあり、クラスメイトが触れないキヨコのことを早々に言及し、ミータンから目をつけられてしまいます。

 

慎平は同じ転入生同士、教育するようにと一括りにされ、仕方なく高野にキヨコの事情を話します。

高野は薄情な慎平が嫌いだと口にする一方で、外部から来た自分たちならキヨコを救えるといい、強制的に休みの日のキヨコを尾行し、噂が本当なのか確かめることになりました。

 

 

キヨコの本当の顔

 

電車に乗るキヨコを尾行しようとしますが、高野が切符を買うのに手間取ってしまい、慎平だけがキヨコと同じ車両に乗り込みます。

途中で慎平は寝てしまいますが、途中で誰かに肩を叩かれ、目覚めると渋谷でキヨコが降りるところでした。

 

慎平は慌てて追いかけますが、見失ってしまいます。

ところが、なんと背後からキヨコに呼び止められます。

 

彼女は慎平の尾行に気が付いていて、わざと渋谷に到着した時に起こしてくれたのです。

想定外のことに慌てる慎平ですが、キヨコは構わずに大股で渋谷の街中を歩き、目的の場所に向かいます。

 

そこはコーヒーを試飲として評価をつけるモニター会場でした。

二人はアンケートに答えて謝礼の図書カードをもらうと、キヨコはさらにいくつもモニター会場をもらい、新宿にまで移動して金券などでお金を稼ぎます。

 

彼女が貧乏にも関わらずブランド物を持てた理由。

それはこれらの方法で稼ぎ、知り合いの大人に換金してもらっていたからだったのです。

 

キヨコはしきりに慎平のことが嫌いだと吐き捨てますが、同行することは拒否しません。

またダンスゲームで年齢相応の笑顔を見せるなど、それはクラスの誰も知らない、慎平だけが知るキヨコの本当の顔でした。

 

慎平は素直に好きだからもっと知りたいと言いますが、キヨコは『私を知らないで』とだけ言い、彼を突き放します。

しかし、彼はその日がキヨコの誕生日だと知り、彼女がお金が足りずに買いきれなかったチョコを買い、自宅にまで行ってプレゼントします。

 

ところが、そこで思わぬことを言われます。

慎平とはぐれた高野はなぜか偶然キヨコと出くわし、しかも付き合うことになったのだといいます。

 

自分を変えてくれたのは慎平だと感謝する一方で、自分は変わろうとせず安全圏に立つ慎平のことを嫌いだとキヨコは口にするのでした。

 

 

 

文化祭と高野の不登校

 

三年生になり、高野やアヤは別のクラスになりますが、ミータンとキヨコは慎平と同じクラスです。

なぜかキヨコは文化祭実行委員になり、キヨコを守ってほしいと高野に依頼され、慎平は仕方なく同じ委員になります。

 

ミータンは高野がタイプでしたがキヨコにとられたため、キヨコに対して相変わらず風当たりが強く、アヤは慎平がとばっちりをくらうのではと心配していました。

 

それでも平和な日々が続いていましたが、ゴールデンウイーク明けにバス車内で無差別殺傷事件が発生し、その翌日から高野が不登校になってしまいます。

高野はキヨコではなく慎平の訪問を望み、インターホン越しですが会話をします。

 

高野は事情は話してくれませんが、穢れてしまったのだといいます。

慎平は、高野の不登校の原因がキヨコにあるという噂が流れていることも伝えますが、それでも高野は外出する意思すらなく、慎平は代わりにキヨコを守ることを誓います。

 

一方で、慎平はアヤに別れを告げます。

キヨコへの思いも募り、偽りの恋に終止符を打ちたかったのです。

 

そこで初めてアヤが裏から手を回し、ミータンたちをコントロールして今の空気を作っていることが判明しますが、それでも慎平は別れを告げます。

たとえアヤに守ってもらえなくなっても、今の関係を維持することはできませんでした。

 

その後もキヨコへの風当たりは強く、文化祭のクラスの出し物に誰も協力してくれず、準備が進まないまま時間だけが過ぎてしまいます。

出し物の案の締め切りが近づき、慎平はなけなしの知恵を振り絞りますが、学校は台風で休校。

 

そのことを伝えるためにキヨコの家へ向かいます。

キヨコは家にいましたが、おばあちゃんの大事にしている向日葵が台風のせいでダメになり、このままでは種も収穫できないと絶望していました。

 

しかし、完全に枯れていなくても褐色になっている種なら花が咲く可能性があることを知っている慎平はキヨコを励まし、急いで向日葵の種を収穫。

濡れた服を脱いで乾かすと、文化祭の出し物について話し合います。

 

慎平の意見はことごとく却下されますが、途中でひらめきます。

キヨコは美容師に髪を切る技術を教わっていたため、それを活かして美容院をやるのはどうかという提案です。

 

キヨコは渋りましたが、慎平がキヨコに髪を切ってもらう代わりに毎月の散髪代の半分を渡すということで手を打ち、二人はまずは自分たちが髪を切り(慎平は坊主)、文化祭当日を迎えます。

しかし、客は誰一人としてこず、失敗したように見えました。

 

ところが、キヨコはミータンに賭けを申し出ます。

ミータンの髪を切って100m走の新記録が出るかどうかというもので、出なければ好きにしていいという。

 

陸上部のエースであるミータンは引き下がるわけにはいかず、提案を飲みます。

初めは誰もが嫌悪感のこもる目で散髪風景を見ていましたが、次第にアリなのではと思い始めます。

 

賭けは残念ながらキヨコの負けですが、ミータンの今期の自己新記録が出て、ミータンとキヨコの間に妙な信頼関係が生まれます。

これがきっかけとなって客は急増し、表彰されるまで繁盛しました。

 

この頃にはクラス中がキヨコを受け入れ、彼女は嬉しくてどうしたらいいか分からず、涙するのでした。

一方、慎平は定期的に高野の家を訪れて近況を報告していましたが、ようやく高野が不登校の理由を話します。

 

バス内の無差別殺傷事件が起きたあの日、高野はそのバスに乗っていて、不審な男が紙袋に包丁を入れて乗り込んでくるのを見ていました。

しかし、高野はそれを誰にも言えず、怖くて一人だけ下車したのです。

 

高野はそのことを気に病んでいますが、慎平はその死を乗り越えて生きていかなければいけないことを話します。

高野はすぐには納得できず、この日は慎平は彼の家を後にします。

 

 

 

父親の来訪と終わりの日

 

慎平がキヨコの家を訪れると、キヨコは余裕のない表情で彼を迎えます。

掃除機が壊れてしまったとのだといいます。

 

彼女は目当ての掃除機を買うために貯金をしていましたがまだ足りず、代わりに上等な箒を慎平にネットで代わりに買ってほしいといいます。

慎平は間違えたら大変になるといい、母親に紹介するのも兼ねて彼女を自分の家に招待します。

 

しかし、慎平の母親はいい顔をしませんでした。

大事な息子がキヨコのような家柄の女の子と交流しているのが我慢できなかったのです。

 

キヨコはなんて事のないような顔をしていましたが、そのまま帰ってしまい、怒った慎平は本当の母親じゃないくせにと言ってはいけないことを言ってしまいます。

ここで慎平は両親を亡くしていて、本当の父親の妹である母親と父親が養子として引き取ったことが判明します。

 

その後、父親の説得もあり、母親はキヨコに謝罪し、二人の交流を許してくれるのでした。

慎平は箒が届くと早速キヨコの家に届け、二人は魔女の宅急便の真似をして空を飛ぶ遊びをします。

 

ところが、そこに見知らぬ男が現れます。

出て行ったキヨコの父親でした。

 

彼は改心したから一緒に暮らそうと言いますが、そんな気配は微塵もなく、この家の権利書を狙っていることは明白でした。

そこでキヨコは祖母が入院していると嘘をつき、嘘の住所を教えます。

 

さらに父親は金を貸してほしいと言ってきますが、仏壇に通帳があるとわざわざ教え、父親は嘘と見抜けずに家に上がります。

その隙に壊れたハンディークリーナーと逃亡資金を持って二人は逃げ出します。

 

慎平は自分の家に向かおうとしますが、それでは両親に迷惑がかかるとキヨコが反対し、二人は公園に行きました。

彼女は自分のことを忘れるよう言った上で、祖母のことを話し始めます。

 

真面目な祖母は借金をしてまでキヨコを守り、その借金もようやく返済し終えた頃。

キヨコは普通に生きたいと望んでしまいました。

 

そして、祖母のとった行動は、悪いことでした。

彼女は向日葵畑を作ろうと言い、必要以上に深い穴を掘るようキヨコに命じ、キヨコも疑問を挟まずにその言葉に従います。

 

そして穴を掘り終えて三日後、祖母は亡くなりました。

その手には遺書が握られていて、『普通に生きなさい』と書かれていて、キヨコは祖母の遺志を尊重することにしました。

 

キヨコは亡くなった祖母の体を担ぐと、掘った穴に埋め、表面上は祖母が生きているように見せかけて年金を不正受給していたのです。

罪悪感を感じながらもキヨコは普通を目指し、少しずつ豊かになっていきますが、心の穢れは一向にぬぐえませんでした。

 

キヨコは壊れたハンディークリーナーのダストボックスに隠していた通帳を慎平に渡すと、警察に自首すると言います。

先ほどのやりとりで父親はキヨコのやったことを理解していて、年金を横取りするつもりだったのです。

 

だからキヨコは両親が帰ってくる日を『終わりの日』だと決めていたのです。

慎平はキヨコが好きだと言い、キヨコも私もと答えますが、中学生にはどうすることもできません。

 

慎平はキヨコが交番に自首しに行くのをただ見ているしかありませんでした。

 

 

キヨコを救う唯一の方法

 

喪失感に襲われる慎平ですが、前に高野に言われた言葉を思い出し、二人なら何とかなるのではと高野の家に行き、事情を説明します。

すると高野は顔を隠した状態でなら外出できるまで回復していて、キヨコを助けるために走り出します。

 

しかし、久しく外出していなかったためすぐにバテてしまい、逆に冷静になれた慎平は慌てても仕方ないと説得し、キヨコを助けるための方法を考えます。

キヨコが戻ってきた時、彼女が帰ってこられる場所を作る必要がある。

 

そこで二人が考え付いた方法。

それは、黒田家がキヨコを養子として引き取ることでした。

 

もちろん、慎平を引き取った過去があるとはいえ、血の繋がっていない子供を簡単に引き取れるほど親は甘くありません。

説得は二か月に及びましたが、最後は父親が母親を説得し、キヨコは黒田家に引き取られることになったのでした。

 

 

結末

 

姉弟になって十三年。

キヨコが結婚することになり、二年半ぶりに再会する慎平。

 

彼は姉のために結婚祝いを買おうと、ドイツ製の家電屋に誘ったのです。

キヨコはいまだに両親に遠慮していますが、それでも感謝していました。

 

一方、慎平は十三年前の他人だったキヨコのことが忘れられず、ナナというウサギを四年前から飼い始めます。

自宅のベランダにはキヨコの家の庭に咲いていた向日葵の種から咲かせた向日葵が咲いていて、もう十三代目。

 

出来た種で翌年も向日葵を咲かせ、余った種はナナに食べさせていました。

高野とは今でも交流が続いているようで、この後で会う約束をしています。

 

キヨコは高級な掃除機を見つけると、十三年前の箒のように跨ろうといい、慎平も渋々ながらそれに付き合います。

慎平は今でもキヨコのことを思っていて、いつでも姉の手として握らない選択だってできます。

 

しかし、彼はキヨコの『普通に生きたい』という小さな望みを守るために、弟を貫いて姉の手を握ります。

そして、もし過去に戻れるのなら、ウサギを飼い始めた頃に戻ってキヨコと名付けようと思うのでした。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

最初は年齢の割に達観した慎平が描かれていますが、徐々に薄っぺらい大人っぽさははぎ取られ、未熟な子供らしさが出てくるところが非常に良かったです。

 

決して全員が完全なハッピーエンドを迎えたわけではありませんが、個人的な両親の言いつけを破ってキヨコと手を取り合ってもいいと思うんですよね。

感情は個人のもので、理屈だけではどうにもならないんですから。

 

ラストの以降の話は、自分の頭の中で思い描いて楽しみたいと思います。

とりあえず、夏が来ると何度も読み返してしまう良い作品でした。

 

私を知らないで (集英社文庫)

私を知らないで (集英社文庫)