百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『そして誰もいなくなった』原作小説を徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く…そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。新訳決定版。

【「BOOK」データベースより】

 

本書は、1939年に刊行されたアガサ・クリスティーの長編推理小説です。

また外界から遮断された状況下での事件を取り扱った作品を指す『クローズド・サークル』の代表的作品として世界的に有名です。

 

さらに童謡を用いた見立て殺人の要素も含んでいて、今では当たり前となった手法を取り入れた不朽の名作です。

ミステリー好きはもちろんのこと、これからミステリーを読み始めるという人も一度は耳にするであろう作品だと思いますが、内容までは知らないという人も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら紹介したいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

登場人物

 

本書では、U・N・オーエンと名乗る人物から招待された様々な職業、年齢、経歴の十人の人物が登場します。

物語のあらすじに入る前に、ここで登場人物の整理をしたいと思います。

 

 

ローレンス・ウォーグレイブ

 

高名な元判事。

正義感が強い一方で、一部の人間からは『首吊り判事』と呼ばれていた。

 

ヴェラ・クレイソン

 

秘書・家庭教師を職業とする娘。

オーエンの妻に秘書として雇われた。

 

フィリップ・ロンバート

 

元陸軍大尉。

とある人物から依頼をうけたアイザック・モリスから依頼を受け、お金欲しさとスリルを求めて引き受けた。

 

エミリー・ブレント

 

信仰のあつい老婦人。

父親に行儀作法を叩き込まれ、いついかなる時も自ら模範を示すことを信条としている。

 

マカーサー将軍

 

退役の老将軍。

三十年前のことが原因で人々から避けられ、それを気にしないよう生活している。

 

アームストロング

 

医師。

腕と運によって成功するも多忙で、妻には内緒で診てほしいとオーエンから依頼された。

 

アンソニー・マーストン

 

遊び好きの青年。

酒に女が好きで、車の運転が非常に荒い。

 

ブロア

 

元警部。

今は探偵をしていて、オーエンの招待した客を監視するために呼ばれ、正体を隠すために初めは名前や出身地を偽っていた。

 

ロジャース

 

オーエン家の召使。

とはいっても、一週間前に雇われたばかりで、オーエン夫妻に会ったことはない。

 

ロジャース夫人

 

ロジャースの妻。

常に何かに怯えるような様子を見せるが、料理の腕は皆から絶賛されていた。

 

 

島に閉じ込められた十人

 

冒頭ではU・N・オーエンに招待された人物たちがデヴォン州沖にあるインディアン島に向かうまでが描かれます。

一部、別の人物から招待されたように見えますが、それらも全てオーエンからのもので、そのからくりは後述します。

 

各々は船に乗ってインディアン島に辿り着き、オーエンの所有していると思われる近代的な邸宅に着きます。

招待された八人はロジャース夫妻によるもてなしを受けますが、オーエン夫妻はそこにはいませんでした。

 

聞くと、彼らも一週間前に雇われたばかりで、オーエン夫妻には会ったことがないといいます。

不思議ではありましたが、特段気にする人はまだこの時点ではいませんでした。

 

特筆すべき点として、各部屋にある額縁に大きな羊皮紙がおさめられていて、そこには以下のような古い子守唄が書かれていました。

 

十人のインディアンの少年が食事に出かけた

一人が咽喉をつまらせて、九人になった

 

九人のインディアンの少年がおそくまで起きていた

一人が寝すごして、八人になった

 

八人のインディアンの少年がデヴァンを旅していた

一人がそこに残って、七人になった

 

七人のインディアンの少年が薪を割っていた

一人が自分を真っ二つに割って、六人になった

 

六人のインディアンの少年が蜂の巣をいたずらしていた

蜂が一人を刺して、五人になった

 

五人のインディアンの少年が法律に夢中になった

一人が大法院に入って、四人になった

 

四人のインディアンの少年が海に出かけた

一人が燻製のにしんにのまれ、三人になった

 

三人のインディアンの少年が海に動物園を歩いていた

大熊が一人を抱きしめ、二人になった

 

二人のインディアンの少年が日向に坐った

一人が陽に焼かれて、一人になった

 

一人のインディアンの少年が後に残された

彼が首をくくり、後には誰もいなくなった

 

読者はこの時点がこれが何を暗示しているのかおおよそ見当がつくかと思いますが、登場人物たちがそのことに気が付くのは、もう少ししてから。

おかしな点として、皆が食事をとる部屋には先ほどのインディアンの少年を模した小さな陶器の人形が十体並べられていて、初めは気の利いたサービスだと皆喜びました。

 

ところが食後、誰もがくつろいでいる時に謎の声が部屋に響き渡ります。

その声はこの場にいる十人全員が殺人の嫌疑をうけているとして、それぞれ殺害、もしくはその原因を作った相手、そしてその日付が読み上げられます。

 

声が止み、全員で声の主を探すと、隣の部屋にある蓄音機から声が流れていたことが判明します。

流したのはロジャースで、彼はオーエンの指示に従っただけで、内容までは知らなかったのだといいます。

 

レコードには『白鳥の歌』と書かれています。

それは白鳥が死ぬ間際に歌うという歌で、その時の声が最も美しいのだと言われていて、不吉な予感が辺りを漂います。

 

誰もが自分は無実だと主張し、こんなことをした犯人をこらしめようと怒りを露にします。

一方、この場にいる人間は本当に偶然居合わせただけなのかという疑問が湧き、それぞれ誰に招待されたのかを聞きます。

 

すると、オーエン以外に、以下の人物によって招待された人がいることが判明します。

 

ブレア :ユリック・ノーマン・オーエン

エミリー:オグデンもしくはオリヴァー(『O』という文字から推測)

     クリスチャン・ネームはUna Nancy(ユナ ナンシィ)

 

ここで、オーエンからの手紙もU・N・Owenで、どれも頭文字が共通しています。

そして、『UNOwen』は『アンノウェン』と読むことができ、『UN KNOWN(アンノウン)』、つまり『どこのものともわからぬもの』と変換することが出来ます。

 

つまり、誰もが知人などの名前が入っていたことで油断していましたが、得体の知れない相手によってこの島に招待され、今、罪を暴露されているのです。

また、先ほどの声が挙げた名前にブレラの名前があったことで、彼が偽名を使っていたことが判明します。

 

彼はオーエン夫人の持つ宝石を守るために、招待された客を監視する役目を受け持っていたのです。

もちろん、それも彼を呼ぶための口実だったと判明したわけですが。

 

 

 

抱えた罪

 

ウォーグレイブが中心となって調査が始まり、彼は隠すわけにはいかないと先ほどの声が言った自身の罪について語り始めます。

他の人も同様に口を開き、その内容は以下の通りです。

 

ただし、この時点では口をつぐんでいる人もいますが、それも合わせて記載しておきます。

 

 

ウォーグレイブ

 

エドワード・シートンが婦人の殺害の嫌疑をかけられ、ウォーグレイブは判事としてその裁判にあたった。

エドワードは陪審員に好印象を与えたが、有罪を示す証拠が出てきたため、陪審員を誘導して有罪判決とし、死刑を宣告した。

 

ヴェラ

 

シリル・ハミルトンという子供の家庭教師をしていて、彼が遠くまで泳ぎたいというのでそれを許可し、結果として溺死させてしまった。

周囲からは助けにいったヴェラを慰める声が多くあったが、実はこれは故意の殺人だった。

ヴェラはシリルの叔父・ユーゴーと恋仲で、シリルが死ねばユーゴーが大金を相続できることを知り、シリルが遠くまで泳ぐよう誘導した。

 

ロンバート

 

アフリカの奥地で道に迷った時、食料を持ち逃げして助かった。

その際、同行していた東アフリカの部族民二十一人を置き去りにし、餓死させた。

 

エミリー

 

昔雇っていた使用人、ピアトリス・テイラーが身ごもった時、彼女を追い出した。

その後、彼女は川に身を投げて自殺した。

 

マカーサー将軍

 

妻・レズリーが部下のアーサーと密会を重ね、レズリーがアーサー宛の手紙を夫宛に送ってしまったことでそのことを知る。

マカーサー将軍はあえてアーサーを死地に送り、故意に死なせた。

ただし、アーサーの死後、レズリーは人が変わったようになり、数年後に肺炎で死亡してしまった。

 

アームストロング

 

かつて酔っぱらった状態で手術に臨み、ルイーザ・メリア・クリースを医療ミスで死なせてしまった。

そのことは他の医療スタッフも知っていたが、誰も口外していない。

 

マーストン

 

スピードを出し過ぎた車の運転によって、ジョンとルシー・カムズという少年たちを轢き殺した。

 

ブロア

 

ランドーという銀行強盗犯について、ブロアの証言によって有罪となり、一年後に刑務所内で死亡した。

しかし、実はブロアが無実だったランドーに罪を着せたことが真実で、彼はこのことで昇進を果たしている。

 

ロジャース夫妻

 

かつてジェニファー・ブレイディーという老婦人の執事をしていたが、彼女は弱っていて、嵐の夜に容態が悪くなり、助けを呼ぶこともできずに亡くなってしまった。

ただし、彼らはそれによって遺産を受け取っていて、警察からは気付け薬をわざと飲ませなかったのではと疑いをかけられている。

 

 

第一の殺人

 

罪の告白が終わり、島からの脱出方法を考えます。

残念ながら島に船はなく、毎朝島を訪れる船を待つ他ありません。

 

一同はこれに賛成しますが、マーストンだけがこれに反対。

彼は法律に縛られた生活は窮屈で、犯罪を礼賛する、犯罪に乾杯だと言ってウィスキーを一気に飲み干します。

 

ところがその直後、ウィスキーが喉に詰まったかと思うと顔色が紫になり、彼は窒息するように死んでしまいました。

調べた結果、彼の飲んだウィスキーには青酸カリが含まれていたことが判明します。

 

 

第二の殺人

 

マーストンが死亡すると、いつの間にか食堂にあった十体の人形が九体に減っていました。

またヴェラは額縁にある子守唄を見て、マーストンは唄になぞらえて殺されたことにいち早く気が付きます。

 

そして翌朝、ロジャース夫人が亡くなっているのが見つかります。

彼女は目を覚まさず死んでいて、死因はまだ分かりません。

 

さらに食堂の人形が今度は八体に減っていて、全員がようやく人が死ぬごとに人形が減っていることに気が付き、恐怖に駆られます。

頼みの綱は毎朝来る船ですが、それも今日に限って来ず、自分たちは計画的に閉じ込められたのだと悟ります。

 

 

第三の殺人

 

島には残された人形と同じ八人しかいないはずですが、ロンバートは島にオーエンがいるはずだと主張し、アームストロング、ブロアと共に島中を捜索します。

しかし、島に人が隠れられる場所などなく、いくら探してもオーエンは見つかりません。

 

一方、マカーサー将軍は気が狂ったのかすっかり意気消沈し、過去に犯した罪を悔いていました。

そして昼食の時間、将軍がいないことに気が付き、アームストロングが呼びに行きますが、将軍は後頭部を何か凶器で殴られて死んでいました。

 

当然、人形は七体に減っていました。

 

 

第四の殺人

 

ウォーグレイブが主導権を握り、状況を整理します。

いくら探しても自分たち七人しか島にいない以上、オーエンはこの中にいるとしか考えられないと。

 

彼らはこれまでの殺人を思い出し、容疑者を絞ろうとしますが、誰にでも犯行は可能であるため、全員が容疑者となります。

お互いに疑心暗鬼になり、誰もが見えない犯人の影に怯えます。

 

また浴室の真紅のカーテンが紛失していることにロジャースが気が付きます。

さすがにカーテンで人は殺せないだろうと平然を装いますが、一同に緊張が走ります。

 

その夜、それぞれ部屋に鍵を閉め、眠りにつきます。

翌朝、何もなかったかのように見えましたが、人形が今度は六体に減っていました。

 

そこでロジャースの姿が見えないことに気が付き探すと、彼は中庭をへだてた小さな洗濯場で薪割りに使ったであろう斧で頸すじを切られて死んでいました。

 

 

第五の殺人

 

召使いのロジャースまで死亡したため、皆で手分けして食事の支度などをしながら事件の推理を続けます。

食事が終わると、エミリーが気分が悪いといい、一人食堂に残ります。

 

その時、彼女は部屋に人の気配を感じます。

そして、蜜蜂の羽音。

 

気が付くと、頸のわきを刺されたような感覚を覚え、彼女はそのまま帰らぬ人となりました。

 

 

第六の殺人

 

皆が食堂に戻ると、エミリーが死んでいるのを発見します。

頸の右側には注射を刺したような傷痕があり、部屋には蜂がいます。

 

犯人はどうしても唄になぞらえて殺したいのだという狂気がうかがえます。

どうやら死因はマーストンと同じく、青酸カリによる窒息死であることが判明します。

 

注射器を持っているのはアームストロングですが、彼は犯行を否定します。

しかし、彼の部屋からは注射器がなくなっていて、犯人によって盗まれたことが推測されます。

 

このままではいけないと感じ、一同は凶器となる得るものは全て一か所に集めることにします。

ところが、ロンバートの保管していたピストルはすでに盗まれた後でした。

 

一同は服を脱いで身体検査を行いますが、ピストルは出てきません。

もはや誰が犯人か分からず、動物のように互いを警戒しあいます。

 

激しい雨がたたきつける中、ヴェラは気分が悪くなって部屋に戻ります。

すると、何かが彼女の喉に触れ、彼女は絶叫します。

 

その声を聞きつけた男性たちが駆け付けると、部屋の天井から海藻がぶら下がっているのが見え、それが彼女の喉に触れたのでした。

ヴェラは安心しますが、気が付くとウォーグレイブがいなくなっていて、一同は探します。

 

そして、ピストルで頭を撃ち抜かれているのをウォーグレイブを発見するのでした。

彼は紛失した真紅のカーテンを身にまとっていました。

 

 

 

第七の殺人

 

残るは四人。

夜になると一同は一斉に部屋に閉じこもりますが、ブロアは外から聞こえる足音に気が付き、廊下に出ます。

 

彼は邸宅の正面玄関から出る人影を見つけ、追いかけずに三人の寝室をノックすると、アームストロングだけが返事をしませんでした。

つまり、外に出たのはアームストロングということになります。

 

ブロアはヴェラを部屋に残し、ロンバートと二人でアームストロングを探しに行きます。

しかし、探してもアームストロングは見つからず、代わりに人形が三体になっていました。

 

 

第八の殺人

 

翌朝になってもアームストロングは見つからず、いつの間にかロンバートのピストルは抽斗に戻っていました。

ヴェラは子守唄にある『燻製のにしん』に目をつけます。

 

燻製のにしんには、注意を他のことにそらすという意味があり、アームストロングは実は死んでおらず、どこかに隠れているのではと考えます。

三人は邸宅の外に出て少しの安堵を覚えますが、それも束の間。

 

ブロアは昼食のために何か食料をとってこようと邸宅に一人で戻ります。

しばらくして妙な音と地響きが聞こえ、二人は邸宅に戻ります。

 

そこには、大きな白い大理石で頭を潰されたブロアがいました。

大理石はヴェラの部屋にあった時計で、それは熊の形をしていたのです。

 

 

第九の殺人

 

ブロアの死を受け、ロンバートはアームストロングが犯人だと確信し、あたりを探します。

すると、海に服が漂っているのを見つけ、続いて岩にあいだに挟まれ溺れ死んだアームストロングを見つけます。

 

彼も犯人でないとすると、お互い、目の前にいる人物が犯人ということになります。

 

お互いを犯人だと確信し、対峙するロンバートとヴェラ。

するとヴェラはアームストロングの死体をせめて波の届かないところまで引き上げたいと申し出て、二人は死体を引き上げます。

 

すると、ヴェラはロンバートからピストルを奪い、彼の心臓を撃ち抜きます。 

こうして、彼女はたった一人になりました。

 

 

そして誰もいなくなった

 

彼女は恐怖から解放され、邸宅に戻ると、人形は一体になっていました。

その人形を持って、部屋に戻ります。

 

彼女はなぜかかつての恋人・ユーゴーが部屋で待っているような気がして、ドアを開けます。

彼女が目にしたもの、それは天井からぶら下がった輪が作られてヒモでした。

 

その下には椅子が置いてあり、ユーゴーは彼女が首を吊って死ぬことを望んでいるように思えました。

そしてヴェラは、唄の最後は首をくくり、後には誰もいなくなったと締めくくられることを思い出し、これまでの罪を受け入れて自殺するのでした。

 

 

結末と真実

 

警察が島に駆け付けた時には、そこには惨状が広がっていました。

十人の人間が死んでいて、それぞれの罪が立証されていきます。

 

十人は法律では裁くことができず、だからオーエンはこの島に十人を呼び出し、死を与えたのです。

警察は当時、誰も島に入っていないことから十人のうちの誰かがオーエンであると推測しますが、誰を犯人にしても説明がつかず、この事件は迷宮入りするかのように思えました。

 

ところが、とある漁船が瓶に入った告白書を見つけ、警視庁に送ります。

そこには、犯人による真実の告白が書かれていました。

 

犯人はウォーグレイブでした。

彼は強い正義感と死を目撃することに強い快楽を覚える二面性を持っていて、そのバランスが数年前から崩れ始め、自ら殺人を犯したいとまで思うようになりました。

 

彼はかつて前例のないような殺人を犯したい、そしてそこには正義がなくてはならない。

そこで彼は法律で裁くことのできない罪人を十人見つけ、インディアン島に招待したのです。

 

ただし、招待されたうちの九人が罪人で、ウォーグレイブはその執行対象に入りません。

彼は十人目として、モリスという男を選びました。

 

まずはモリスに島を買い取らせ、ウォーグレイブの名前は隠させます。

そして、麻薬の密売など多くの罪を背負ったモリスを一服盛って殺害し、いよいよ島に乗り込みます。

 

予定通り、彼は殺人を行い、さらにアームストロングと結託して偽装工作をしていたことが判明します。

ウォーグレイブは頭を撃ち抜かれて死んだいたように見えましたが、それを確認したのはアームストロングであり、彼は嘘をついていたのです。

 

その後、ウォーグレイブは断崖から洞穴の入り口が見えるとアームストロングの注意をそらし、彼を海に突き落としたのです。

燻製のにしんは、このことを指していたのです。

 

最後にヴェラが残ると、彼は急いで彼女の部屋に先回りし、心理的実験を兼ねて彼女に自殺をうながし、彼女はその通りに自殺します。

そして最後に、ウォーグレイブは自らピストルで頭を撃ち抜き、こうして十人全員が死んだのです。

 

最後に、彼は犯人を突き止める上で三つの手がかりがあったと書き残しています。

 

一つ目、島に招待された人は皆何かしらの罪を背負っていたが、ウォーグレイブの場合、シートンは有罪であったため、殺人を犯したとはいえない。

つまり、その人物こそが犯人である。

 

二つ目、アームストロングの死因に関係してくる子守唄に出てくる燻製のにしん、ここから彼は誰かに欺かれて死んだことになり、彼が一番信頼を置く人物、それはウォーグレイブである。

 

三つ目、死んだとされていたウォーグレイブの額に残された赤い斑点、それはカインの刻印である。

カインの刻印とは、神がカインに与えたもので、人類最初の殺人を犯した彼に誰も復讐しないよう目印をつけたのです。

 

つまり、ウォーグレイブが殺人を犯した証拠になります。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

第一の殺人が始まってからの畳み掛けるような怒濤の展開は本当に目が離せず、最後にはしっかりと納得のいく真実が用意されていて、まさしく名作でした。

 

ミステリーが好きな人も、ミステリーに興味があるという人も、不朽の名作である本書を手に取ってみてはいかがでしょうか?

これまで以上にミステリーの虜になるはずです。

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)