百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

徹底ネタバレ解説!『贖罪』あらすじから結末まで!

贖罪 (双葉文庫)

 

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?特別収録:黒沢清監督インタビュー。

【「BOOK」データベースより】

 

湊さんらしい、良い意味で後味の悪い作品です。

とある田舎町で起きた殺人事件がきっかけで、現場に居合わせた当時小学生だった女性四人の人生が大きく狂い、それぞれが独白していくというスタイルで物語が進行します。

 

最後に、事件の被害者の母親が彼女たちの独白を受け、償いをするのですが、負の連鎖がどこまでも止まらず、本当に救いのない話です。

読了後も、まだどこか他人事のように感じている一方で、テレビのニュースで殺人事件が報道されていると、当事者の方々の心情をつい想像してしまいます。

 

それくらい強い影響力のある作品だと思います。

この記事では、あらすじや個人の感想を交えながらご紹介したいと思います。

 

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

登場人物

 

本題に入る前に、主な登場人物をここでまとめたいと思います。

頭の整理に役立つと幸いです。

 

 

紗英

仲良し四人組の一人。エミリ殺害の現場を見張るよう言われ、それがトラウマとなって大人になっても生理が始まらなかった。

 

真紀

仲良し四人組の一人。現在は小学校教師をしている。エミリ殺害事件で自分だけが逃げ出してしまった罪悪感から、立派な人間になろうと必死だった。

 

晶子

仲良し四人組の一人。体格が良く、自分のことをくまだと称している。何かを望む度に悲劇的なことが起き、くまは高望みしてはいけないと思い込むようになって精神に異常をきたしてしまった。

 

由佳

仲良し四人組の一人。エミリ殺害事件で直接受けたダメージは四人の中で一番少ないが、姉との扱いの差に強いコンプレックスを感じ、その時に優しくしてくれた警察官と似た男を見つけては付き合うようになり、ついには姉の旦那と肉体関係を持ち、彼の子供を妊娠する。

 

エミリ

田舎町に引っ越してきた子供で、父は足立製作所の重要なポストについている。ある日、見知らぬ男に手伝ってほしいと連れていかれ、そこで殺害された。

 

足立麻子

エミリの母。引っ越してきた田舎町に馴染めず、都会に帰りたいと嘆いていた。エミリ殺害後、現場に居合わせた四人の子供たちを恨み、彼女たちに消えない傷を植え付けた。

 

 

紗英の場合

 

紗英は結婚式に麻子を招待し、そのお礼の手紙という形式で彼女の心情が綴られています。

紗英の生まれ故郷は空気がきれいというだけの何もない町で、足立製作所が町に出来たことがきっかけで都会から引っ越してきた子供を見て、自分たちがどれだけ不便な生活を送っていたのかを知ります。

 

当時、彼女たちの間でフランス人形を見て回ることがブームになっていました。

また『フランス人形盗難事件』が発生し、ちょっとした騒ぎになりましたが、それでも町はまだ平穏でした。

 

そんなある日、紗英は友人の真紀、晶子、由佳、エミリと一緒に学校の体育館の陰でバレーボールを使って遊んでいると、見知らぬ男に声を掛けられます。

プールの更衣室の換気扇の点検をするのだが、脚立を忘れてしまったから手伝ってほしいと。

 

防犯意識の薄いエミリ以外の子供は率先して手伝うと進言しますが、男はそれらをやんわりと断ってエミリ一人を連れていきます。

四人はその後も遊んでいましたが、エミリが帰ってこないことを不思議に思い、更衣室まで迎えに行きます。

 

すると、そこに男の姿はなく、あるのはエミリの死体でした。

四人は真紀の指示で事件を知らせようと行動し、紗英は現場を見張ることになりました。

 

よく観察すると、性的暴行を受けた形跡があります。

紗英はエミリの服の乱れを直してあげますが、血を見た途端、怖くなって更衣室から飛び出しました。

 

その後、由佳が警察官を連れてきたことで事件は公にされ、紗英は母親に背負ってもらい家に帰ります。

後日、四人は事情聴取を受けますが、男の特徴を聞かれても全員が曖昧にしか覚えておらず、犯人逮捕には至りませんでした。

 

それからというもの、顔を見られた犯人が自分を殺しに来るのではないかと怯えるようになり、大人になってはいけないと本能的に感じた紗英は、いつまで経っても生理が始まりませんでした。

しかし、紗英はそれを深刻には捉えておらず、むしろ安心すら覚えていました。

 

大学卒業後、紗英は商社に就職します。

そこで上司から、取引先の専務のいとこの息子からお見合いの申し出があると言われ、紗英は今の夫である貴博と出会います。

 

貴博はエミリと同じ時期に引っ越してきた子供で、フランス人形をみんなで見て回った時に紗英に一目惚れし、取引先に就職したことに運命を感じてお見合いを申し出てきたのだと言います。

紗英は彼にプロポーズされ、それを受けます。

 

結婚式には貴博の要望で麻子とその夫も呼び、貴博の仕事の関係でスイスへと旅立ちました。

しかし、過去はそこでも紗英につきまといます。

 

スイスに到着した夜、紗英は貴博と一つになるのだと喜んでいましたが、彼がしたことは、紗英にフランス人形が着るようなドレスを着せるという理解しがたいことでした。

ここで、『フランス人形盗難事件』の犯人が貴博だったことが明かされます。

 

彼は紗英の家に飾られたフランス人形を欲しいと思い、それ以上にフランス人形によく似た紗英が欲しいと思うようになり、それからずっと紗英を自分のものにしようと考えていたのです。

貴博は紗英をまるで人形のように扱い、彼女は逃げ出したいと何度も思いましたが、いつしか自己暗示をかけてそれを受け入れるようになりました。

 

そんなある日、突然、紗英の生理が始まります。

その日ばかりは貴博の要求を断りましたが、貴博は激昂します。

 

乱暴にされる中、エミリが殺害された時の光景が蘇り、気が付くと貴博を置時計で撲殺していました。

手紙の最後に、紗英はエミリ殺害の犯人の特徴が当時の自分たちの主張とは違い、おじさんというよりは三十代半ばだったと書いてありました。

 

そして、これで約束が果たせたのかと麻子に問いかけます。

紗英はこの後、日本に帰国し、警察に自首するのでした。

 

 

 

真紀の場合

 

真紀は小学校教師になり、自分の勤める市立若葉第三小学校で起きた事件の当事者となりました。

この章では、PTA臨時総会の場で真紀が壇上に立ち、保護者に事件について説明をする中で自分の心情を話していきます。

 

その事件は七月のプールの授業中に起こりました。

四年一組担任の真紀、二組担任の田辺の指導の下、プールの授業をしていると、突然サバイバルナイフを持った関口和弥という男が乱入してきて、生徒の一人の腹部を切りつけます。

 

田辺が恐れをなしてプールに逃げる中、真紀は関口を取り押さえようとし、彼は自らの太ももにナイフを刺してしまい、プールに落ちます。

真紀はプールサイドに上がろうとする関口の顔面を蹴り、再び水中に沈めます。

 

結果、関口は死亡し、最初こそ真紀は勇敢な女性教師として賞賛されていましたが、やがて殺人者として罵られるようになりました。

真紀は状況を説明した上で、自分がなぜあのような行動をとれたのかを話し始めます。

 

きっかけは、やはりエミリ殺害の事件でした。

 

真紀はしっかりしていて、みんなから頼りにされていましたが、エミリが転校してきたことでその役目がエミリに移ってしまい、なんとかみんなの気を引こうと必死でした。

そんな中、暑いから家で遊ぼうと言うエミリの意見を退け、バレーボールをしようと提案し、エミリ殺害の事件に繋がります。

 

真紀は三人に指示を出し、自分は先生を呼ぼうと校内に入りますが、夏休みで時間が遅いということもあり、誰もいませんでした。

そのうちに恐怖がこみ上げてきて、一人だけ家に帰ってしまったのです。

 

自分でさえこうなのだから、他の子も何もできなかったに違いないと思っていた真紀ですが、他の子はしっかりと自分の役目を果たしていて、逃げ出したのは真紀だけでした。

その後ろめたさから事情聴取には率先して答える真紀。

 

しかし、最大の後悔は逃げ出したことではなく、犯人の顔を『覚えている』のに『覚えていない』と答えたことでした。

 

三人が恐怖で記憶が曖昧になっている中、自分だけ覚えているのは何もしなかったからだと周囲に気が付かれるのが怖かったのです。

結局、犯人は見つからず、真紀はこのことを戒めにし、より一層活躍するようになりました。

 

しかし、事件から三年後、エミリの母親である麻子から四人は呼び出され、時効までに犯人を見つけるよう言い渡されます。もしくは麻子が納得できるような償いをしろと。

そして、それが出来なければ復讐してやると、麻子は四人に言い放ちます。

 

それからすぐに麻子は町を出ていきましたが、この言葉が真紀を縛り付けます。

犯人を見つけることなどできないと判断した真紀は、償いをすることに決めました。

 

その一つが、今回の行動だったのです。

あれ以来真紀は、殺されたエミリに恥じない人間を目指してきました。

 

また償うために幸せになることを諦めていた真紀ですが、他の三人が当たり前のように幸せになっているのを聞き、約束を守っているのが馬鹿馬鹿しくなったとも言います。

しかし、麻子から紗英の手紙が送られてきたことで、紗英の十五年間の気持ちを知ることができました。

 

彼女は、彼女なりの償いを果たしたのです。

そして、真紀もまた償いを果たします。

 

関口の顔を蹴った時、犯人の顔を思い出したという。

そこで挙がったのがフリースクールを経営している南条弘章という男で、彼によく似ているという。

 

それよりもっと似ている人がいるともいいますが、こちらはすでに亡くなっているからという理由で明言しませんが、後にエミリに似た男と言いたかったことが判明します。

 

そして最後に、臨時総会に出席していた麻子を糾弾し、負の連鎖が残りの二人にまで及ばなければよいがと締めくくり、会は終了しました。

 

 

晶子の場合

 

エミリ殺害事件などの影響から精神に異常をきたしてしまった晶子。

この章では、麻子がカウンセラーと偽って晶子に話を聞くという形式で、晶子の心情が描かれている。

 

晶子はがっしりとした体型でしたが、見た目の印象とは違って可愛いものが好きでした。

また、いつも自分の味方をしてくれる兄の幸司が大好きでした。

 

その一方で、親戚からはくまの兄妹と言われていました。

ある日、晶子はおばさんに買ってもらった可愛いブラウスを着ていくと、エミリだけがそれを褒めてくれ、自分との共通点がいくつも見つかり、仲良くしたいと思いました。

 

しかし、あの事件が起きてしまいます。

晶子は麻子にエミリが死んだことを伝えに行くと、家を飛び出す麻子に突き飛ばされ、おでこに傷を負いました。

 

今では何の痕も残っていませんが、今でも事件のことを思い出そうとすると、おでこが痛むといいます。

またこの事件がきっかけとなり、くまが高望みをしたから罰が当たったのだと思い込むようになり、いつしか不登校になり、高校には進学しませんでした。

 

それから時が経ち、幸司が春花という女性と、その娘の若葉を連れてきて、結婚したいと言い出します。

しかし、春花は地元出身ですが、都会に出て悪い男に騙され、その男との間に子供を作ってしまい、泣きながら地元に帰ってきた事情があります。

 

当然、両親は反対しますが、春花を幸せにできるのは自分しかいないと幸司の決意は固く、二人は結婚することになりました。

実際に交流を深めてみると、春花も若葉も気の良い人であり、晶子も含めて誰もが彼女たちのことを認めるようになりました。

 

また晶子は春花のアドバイスもあり、徐々に生きる気力を取り戻していきました。

しかし、そこで悲劇が起こります。

 

ある日、晶子と若葉が一緒にお風呂に入っていると、若葉の体にあざがあることに気が付きます。

縄跳びの練習に付き合って自分にもあざがあったため、その時は気にしませんでした。

 

ところが一週間後、紗英や真紀のことをニュースで知り、麻子から二通の手紙が届きますが、晶子は怖くて開封できませんでした。

また、若葉がうちに忘れ物をしていったことに気が付き、晶子は届けようと幸司の家に向かいます。

 

そこで見たのは、若葉に対して性的行為をしようとする幸司と、それを嫌がる若葉でした。

晶子は途中から若葉をエミリに重ね、助けようと犯人の首を絞めます。

 

エミリを今度こそ助けられたと安堵する晶子ですが、それは幻であり、目の前にあったのは幸司の死体でした。

あとから春花は幸司に愛情など持っていなく、安定した生活を求めてすり寄ってきただけでした。

 

そして、肉体関係を持たない代わりに、若葉を差し出したのです。

事件後、若葉は施設に送られ、晶子はまた高望みしたから事件が起きたのだと感じ、さらに精神に異常をきたすようになっていました。

 

最後に、晶子がエミリ殺害事件について新たな証言をし、関西に住んでいるはずのフリースクールを経営する南条が事件当時、この町にいたのを目撃した人がいると話しました。

 

 

 

由佳の場合

 

由佳は姉の夫と肉体関係を持ち、妊娠。

陣痛が始まって病院に行くも、まだ生まれるまでに時間がかかるということで待合室で待たされていました。

 

そこで麻子と話すという形式で、由佳の心情が明かされていきます。

陣痛の間隔の関係で、途中途中で痛みに耐えるために話が中断されますが、そもそもこのタイミングで何ていう話をしているんだと思わずツッコミたくなりますが、そこはフィクションということで、あまり気にしない方が良いと思います。

 

当時、廃屋になっている別荘の鍵を開けることができた由佳はエミリを含めてみんなを誘い、秘密基地だとはしゃいでいました。

一方、三歳年上の姉がいますが、彼女は喘息持ちで両親からも大事にされ、由佳のことは二の次でした。

 

ある日、エミリの提案で別荘の暖炉の中に宝物を隠そうということになり、エミリは見るからに高価な指輪を隠しました。

しかし一週間後、その指輪がなくなったとエミリは大騒ぎし、唯一別荘の鍵を開けることのできる由佳を疑っていました。

 

その後、別荘に不動産屋が連れてきたフリースクールを作りたいという客が訪れ、その男性が宝物を拾ったのだと分かり、由佳の容疑は晴れましたが、エミリは謝ってくれませんでした。

また別荘のことが姉の知るところとなり、由佳はますます家での居場所を無くしてしまいます。

 

そして事件当日になり、由佳は事件のことを知らせようと交番に訪れ、駐在の安藤と知り合います。

殺人事件があったにも関わらず、両親は姉のことにかかりっきりで、由佳のことなど気にもしません。

 

そんな中で安藤だけが由佳を気にかけてくれて、由佳も事件ことで伝えたいことがあると口実を作っては安藤に会いに行きました。

用件がなくなると、自分のお小遣いを落とし物として届けにいくこともありました。

 

当時は意識していなかったが、まるでホストに通っているようで、実際に一時期ホストにはまった時期もあったという。

その半年後、由佳は安藤に落とし物としてお小遣いを届けてしまったせいでお金がなく、初めて万引きします。

 

それを姉に見られますが、姉は知らないふりをして買い物をしています。

罪悪感に耐えられなくなった由佳が向かった先は、安藤の元でした。

 

事情を説明すると、安藤は由佳が自分のお金を届けていたことを知っていて、それを返し、謝った上でこのお金で買えばいいと言ってくれました。

しかし店に戻ると、姉がすでに事情をお店の人に話した上、代金も支払っていました。

 

結果として、両親にもそのことが伝わり、その日は家に上がらせてもらえませんでした。

またその一か月後、安藤も出世していなくなってしまいます。

 

そこから一時期、由佳は荒れ、不良グループとつるむこともありました。

しかし、姉が高校に進学して彼氏ができると、気にかけてくれる母親のことが疎ましくなり、反抗するようになりました。

 

そうすると今度はその恩恵を由佳が得ることとなり、また一度目以降も万引きしていたことに気づかれていたことも知り、母親を心配させないために万引きをやめることを誓いました。

そして時は経ち、物語が動くのは姉が結婚した時です。

 

姉の夫は県警の警察官で、見た目はタイプではありませんでしたが、握手した時、手の感触が安藤と同じだったのです。

そこで由佳の気持ちはがらりと変わり、この人を欲しいと思うようになってしまいました。

 

そして姉が不在の時に関係を持ち、妊娠しました。

また夫は仕事のミスの責任をとって左遷されそうだったため、何とか有益な情報を提供して、県警に残れるようにしてあげたいと考えました。

 

そんな時にニュースから流れてくる声に聞き覚えがあり、それがエミリ殺害事件の時の犯人の声だったと思い当たります。

その人物はフリースクールを経営していて、十五年前にもフリースクールを作りたいと言って不動産屋を訪れた人物がいたことを思い出し調べると、その人物が事件の二か月前、別荘を訪れていたことが判明しました。

 

それを姉の夫に伝えようと考えましたが、姉が由佳のお腹の中の子供が夫との子供だと気づき、自殺未遂します。

それによって夫は姉につきっきりになり、しばらくしてからアパートに夫を呼び、このことを打ち明けようとします。

 

しかし、夫はお腹の子供のことだと思ったらしく、援助するから黙っていてほしいと言い、由佳はもう彼のことなどどうでもよくなってしまいました。

この話をしても無駄だと部屋を出ようとしましたが、姉に報告に行くのだと勘違いした夫は由佳を羽交い締めにします。

 

もみ合いになった末、由佳の携帯に麻子からの着信が入り、その隙に由佳が夫を突き飛ばして階段から落とし、夫は病院に運ばれました。

そして、こうして話している最中に姉から連絡が入り、夫の死亡が確認されました。

 

由佳は警察が駆け付けた時に産気づき、病院に連れてきてもらったのだと言います。

そして最後に、エミリの顔は麻子にもその夫にも似ていなかったと明かします。

 

こうして四人は、麻子の言う償いを果たしたことになりました。

 

 

告白と償い

 

ここから麻子の心情が明かされていきます。

四人が罪を犯したことに責任を感じる麻子ですが、償うにはどうすれば良いのか分からないでいました。

 

引っ越してきた当初、夫が足立製作所の重要なポストにいたこともあり、住人たちに歩み寄ろうと努力していましたが、いつも疎外感を感じていました。

ここから話はもっと前、麻子が大学生の時に遡ります。

 

麻子には大学二年生の時、秋恵という友人が出来ました。

これまで何でもしてもらって当然と思っていた麻子にとって、秋恵に何かをしてあげて喜ばれるというのは新鮮であり、新たな喜びでした。

 

しかし、実際は秋恵は喜んでいたわけではなく、ただ合わせていただけでした。

それを知った麻子は怒り、これまでしてあげたことを返してほしいと言いました。

 

秋恵はそれに応え、お返しの一環としてボーイフレンドを紹介します。

その中で麻子は気になった男性がいて、それがエミリの本当の父親でした。

 

麻子は秋恵に仲介を依頼しますが断られますが、まずは秋恵と麻子の男友達をくっつけ、そのお礼として協力してもらうことを考えました。

結果として秋恵はその男性と付き合いますが、それでうまくいったと思っていたのは麻子だけで、エミリと四人が仲良しだったと勘違いしていたのもまた麻子だけでした。

 

事件当初、エミリが死んでしまったことにひどい喪失感を覚え、次第に犯人を覚えていない四人に対し憎しみを抱くようになっていました。

しかし、次第に子供だからしょうがない、エミリの死を悲しんでくれればそれでいいと考えるようになりました。

 

しかし、エミリの死から三年間、誰も命日に線香をあげにくる子などいませんでした。

麻子の憎しみは再燃し、四人は人殺しであり、犯人を見つけるか罪を償えと言い放ちます。

 

しかし、それでもエミリのことなどすぐに忘れてしまうのだと考えていました。

また、引っ越した先で麻子を支えてくれたのは、紗英の夫になる前の孝博でした。

 

彼だけが麻子を気遣い、エミリの命日に線香をあげてくれました。

東京に戻った後も交流は続き、実の息子のように可愛がりました。

 

やがて孝博は真剣に交際したい人がいるからお見合いをセッティングしてほしいと麻子に持ち掛けます。

その相手こそ紗英だったのです。

 

二人はお見合いをきっかけに交際を始め、やがて結婚します。

結婚式に呼んでもらった麻子ですが、紗英は麻子を見つけた瞬間、笑顔が消え、事件の記憶が消えていないことが分かりました。

 

だから麻子は、事件のことは忘れて幸せになって、と声を掛けます。

麻子はこれで心が軽くなりましたが、紗英は孝博を殺害し、そこから負の連鎖が始まりました。

 

麻子はこの連鎖を止めようと他の三人にもコンタクトをとりますが、その甲斐虚しく、四人を止めることが出来なかった。

この時点で麻子にはエミリを殺害した犯人が分かっており、それがこれ以降で説明されます。

 

麻子はエミリの本当の父親と付き合い始め、麻子が卒業したら結婚しようと渡されたのが、エミリが別荘に隠した指輪だったのです。

また彼の家にいる時にノートを見つけ、中を見るとそこには別の女性への諦められない思いが書かれていました。

 

真実を知りたかった麻子は、久しぶりに秋恵に会うことにしました。

電話で話した後、秋恵のアパートに向かうと、彼女が手首を切って自殺しているのを見つけました。

 

麻子は電話で彼を呼びますが、テーブルの上に手紙があることに気が付きます。

読むと、そこには麻子の彼である弘章への思いが書かれていました。

ここでようやく麻子は、秋恵と弘章がお互いを思い合っていたことを知ります。

 

咄嗟に麻子はその手紙をバッグにしまい、部屋を出て救急車を呼びました。

結果として、弘章は来ませんでした。

 

弘章は車で向かう途中で接触事故を起こし、しかも飲酒運転だったのです。

これによって弘章は教師を懲戒免職され、降りかかる悲劇が怖くて麻子は弘章から離れていきました。

 

これらの経験、四人の負の連鎖を経て、麻子は覚悟を決めます。

事件当時、エミリは弘章からもらった指輪と秋恵の遺書を麻子が書いたと勘違いし、この二つを別荘に隠していました。

 

本当はこの時点で、本当の父親について話さなければならなかったのです。

弘章から離れた後、友人から紹介されたのが今の夫である足立でした。

 

この時点で、麻子は弘章の子を妊娠していましたが、驚くことに安達は自分の子として産んでほしいとお願いしたのです。

足立は無精子であることが分かっていて、足立製作所の跡取りとなる子供がほしかったのです。

 

つまり、足立と麻子は取引をして結婚したのです。

そして時は流れ、弘章はフリースクールを作るための場所を探すために別荘を訪れ、指輪と秋恵の遺書を見つけたのです。

 

そして、愛する女性を自殺に追いやった麻子に復讐したかった弘章は、麻子の大事なエミリを殺害したのです。

自分の子供だとは知らずに。

 

麻子は、由佳と病院で話した後、弘章に会いに行きました。

そして、犯人である南条弘章に、事件の真相、エミリの父親はあなただと伝えたのです。

 

その後、弘章のことはテレビや新聞で報道されたそうですが、結末は書かれていません。

これこそが、麻子の四人に対する償いだったのです。

 

 

結末

 

事件のあった小学校に集まった真紀と由佳。

本当は四人で集まるつもりでしたが、他の二人はその罪を問われている最中でした。

 

しかし、それぞれ紗英は正当防衛、晶子は心神喪失が認められ、また麻子の紹介した優秀な弁護士がついているということで、いい方向に進むだろうということでした。

二人は、あの時のようにバレーボールで遊び、事件の日のことを思い返します。

 

また真紀は執行猶予付き傷害罪となり、由佳も子供のためにプライドを捨て、突き落としたのは事故で通すことを決めました。

それぞれが人生をこれから歩み直そうとしていました。

 

来年、廃校になるこの学校に来た理由。

それは、エミリを思いながら手を合わせるためでした。

 

二人は小さな花束を用意し、プールに向かって歩き出します。

彼女たちが一番しなければならないことに気が付いたのは、事件から十五年経った後でした。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

個人的には麻子は自分勝手であり、悲劇に襲われたのも自業自得だろうと思ってしまいましたが、決してそこに悪意があったわけではないことを思うと、やるせない気持ちで一杯です。

 

また読み返したいと思える名作でしたが、しばらくは読み返すのは精神的にしんどそうです。

 

贖罪 (双葉文庫)

贖罪 (双葉文庫)

 

 

湊さんのランキング作りました。

湊かなえおすすめ文庫ベスト10!イヤミスの女王の傑作選! - 百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~