百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~

書評書いてます。年間100冊の紹介が目標。好きなジャンルはミステリー、恋愛、青春。

原作映画の小説をネタバレ解説!『嘘を愛する女』あらすじから結末まで!

嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

大手食品メーカーに勤める由加利は、研究医で優しい恋人・桔平と同棲5年目を迎えていた。ある日、桔平が倒れて意識不明になると、彼の職業はおろか名前すら、すべてが偽りのものだったことが判明する。「あなたはいったい誰?」由加利は唯一の手がかりとなる桔平の書きかけの小説を携え、彼の正体を探る旅に出る。彼はなぜ素性を隠し、彼女を騙していたのか。すべてを失った果てに知る真実の愛とは―。もうひとつのラストに涙する、小説版「嘘愛」。

【「BOOK」データベースより】

 

 

 

長澤まさみさん、高橋一生さんらが出演する映画『嘘を愛する女』の小説版である本作。

CMで原作の映画が気になったので、小説をすぐに買ってしまいました。

 

映画を小説として書き下ろした作品なので、構成や文体があっさりしていて、文章を読むのが苦手な方でもスラスラ読めると思います。

しかし、惹き付けられる文章には確かな読み応えがあります。

 

映画を見たという方にも、そうでないという方にも参考になるように、僕なりの感想、解説を書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、映画をこれから見るという人も含めてご注意ください。

 

 

 

 

偽りの同居人

 

川原由加利は大手食品メーカーに勤める女性で、研究医の恋人・小出桔平と同棲五年目を迎えていた。

由加利は母親に会ってもらいたいと桔平と待ち合わせしていたが、肝心の桔平は現れなかった。

 

家に戻っても桔平はおらず、そのことに由加利が腹を立てていたその時だった。

医国堂病院より連絡があり、桔平が搬送されたと告げられる。

 

慌てて病院に向かうと、桔平はくも膜下出血で意識不明の重体だった。

状況がうまく呑み込めないまま看護師から説明を受け、その後、なぜか警察からも質問をされる由加利。

 

警察がいうには、桔平が勤めているはずの神奈川医科大学附属病院に小出桔平という職員はいないというのだ。

訳が分からない由加利。

 

警察は桔平の親族とも連絡を取りたがっていたが、桔平には家族がいないと聞かされていた。

職員証の偽造だけでも犯罪に問われる可能性があり、その事実に由加利はただ茫然とするだけだった。

 

その日、2011年の東日本大震災からちょうど六年となる日だった。

 

桔平は身元不明人という扱いで手術を受け、無事に成功。

由加利はいまだ意識を取り戻さない桔平を残し、桔平の勤め先であるはずの神奈川医大に向かう。

 

しかし、やはり小出桔平という職員は存在しなかった。

これまでの桔平を話を振り返ると、桔平はとにかく自分という人間の存在を残したくないように思えて、唯一覚えているのは、桔平が見せてくれた美しい海と灯台の写る写真だけだった。

 

 

真実の探求

 

このまま桔平を身元不明人にしておけない、そして何より、真実を知りたい。

そう思った由加利は、海原エージェンシーの海原に桔平の調査を依頼する。

 

そこで本物の桔平に繋がる情報として、彼の携帯電話とコインロッカーのものと思える鍵を提示する由加利。

海原はSuicaの履歴を確認するよう由加利に指示する。

 

確認すると、彼は平日に職場ではなく、新宿に通っていたことが明らかになった。

新宿、それは由加利と桔平が出会った場所でもあった。

 

由加利は東日本大震災当時、仕事で新宿駅にいたが、パニックで持病の過喚気症候群を発症して息も絶え絶えだった。

そんな時、由加利を助けてくれたのが桔平だった。

 

由加利は名刺を渡すも、桔平はコイデと名乗るだけで、そのまま立ち去ってしまう。

それ以来、由加利は桔平に恋をし、その年の十二月に渋谷で再会するのだった。

 

ここで桔平の目線に変わり、再び東日本大震災の時に遡る。

彼は浮浪者のように銀座線に乗っている時に、由加利と出会った。

 

医者としてすぐに症状は良くなると思っていたが、気が付いたら声をかけていた。

由加利とはそれきりのはずだったが、その年の十二月、渋谷で再会することとなり、再度彼女から名刺をもらう。

 

その頃、桔平の住処は新宿にある簡易宿泊所だった。

広島から出てきた後、彼はいくつもの土地を渡り、この東京にやって来た。

 

彼は持ち金が無くなった時、死のうと考えていたが、由加利のことが頭から離れず、ついに電話をしてしまう。

デートをすることが決まり、そこで『小出桔平』という人間を演じることに決めた。

 

それから由加利にのめり込んでいく桔平だが、それは同時に本来の自分『安田公平』を殺すことでもあった。

夢で見る光景から、桔平には妻と子供がいたことが分かる。

 

場面は変わり、由加利と海原の結果報告会。

海原は例の鍵の場所を突き止め、そこを由加利が開けると、そこには裸で置かれた数十枚の一万冊とノートパソコンがあった。

 

しかし、ノートパソコンにはパスワードが必要で中を確認することが出来なかった。

またその場所の管理人の証言から、桔平は来月以降ここの更新をしないことを決めていたようだった。

 

ノートパソコンについて、海原の同僚である木村がロックを解除して中を見ると、そこには日記とも小説ともとれる膨大な量の文章のファイルが入っていた。

その文章から、桔平の周りのことを題材にしていて、妻と子供がいること、瀬戸内海のどこかの島が桔平の故郷ではないかと推測された。

 

その後、海原から真実の追求をやめるよう忠告されるが、由加利はこれを無視。

海原への依頼を取りやめ、自分一人で探すことを決める。

 

 

 

桔平の生まれ故郷

 

由加利は桔平が残した文章にある方言から、彼が広島県で生まれたことを突き止め、仕事を休んで一人で広島県近くにある島を全て回るつもりだった。

彼女は初めに因島に向かうが、慣れない車の運転で車輪を溝にとられてしまう、運よく地元の人間に助けてもらう。

 

そこから居酒屋『マサコ』を教えてもらい、そこで情報収集する。

その夜、酔った由加利が海原に電話すると、彼は明日の朝一でこちらに向かってくれることになった。

 

翌朝、『マサコ』に来た客で桔平によく似た人物を知るという人が現れ、海原の合流後、教えてもらった場所に向かう。

しかし、そこで待っていたのは桔平とは違う人間だった。

 

もうダメかと思われた翌日、今日中には東京に帰らないといけない由加利は、最後の望みを託して灯台に向かう。

すると、そこには桔平がここにいたという証が確かに存在した。

 

宿に戻ってそのことを海原に伝えると、海原から昨日出会った人物を桔平と間違えて訪れた人間が他にもいて、それが検察官だったことを教えてくれる。

それは、桔平が以前、何かの事件に関与していることを表していた。

 

海原は広島地方検察庁に行くことを決め、由加利は一人東京へと戻った。

新幹線の車内で海原から着信が鳴る。真実が全て判明した。

 

 

隠した真実、真実の愛

 

再び桔平目線。

彼には万里子という妻と晄という娘がいた。

 

桔平は医師としての仕事が多忙だったため、家庭のことは万里子に任せきりだった。

ある日、家に帰ると、家の中は静寂に包まれていた。

 

異変を感じた桔平は万里子に聞くも返事はかえってこず、浴室には湯船に沈んだ晄がいた。

しかし、すでに晄は息を引き取っていて、状況からして万里子がやったことは明白であり、司法解剖の結果、万里子が晄の首を絞めてから湯船に沈めたことが判明した。

 

その後、万里子が育児ノイローゼにかかっていたことが明かされ、その事実が桔平を苦しめた。

このままではどうにかなってしまうと桔平は、逃げることを選択した。

 

広島を出てから、事件のその後を知る桔平。

万里子はずっと桔平のことを待っていて、自分のせいで辛いなど弱音を吐けなかったという事実が彼を余計に苦しめた。

 

結局、万里子は公判中に自殺した。

 

場面は変わり、由加利は桔平の物語の真実を知る。

新宿に着くと、事故当時、救急車を呼んでくれた人が働く花やで花束を購入し、桔平にお見舞いに訪れた。

 

そこで桔平が事故に遭ってからどうしていたのかを語る由加利。

桔平の綴った物語の終章には、由加利と過ごした確かな時間が描かれていた。

 

 

最後に

 

いかがでしょうか。

個人的に最初、由加利はいけすかないなと思っていましたが、最後でその印象は大逆転しました。

 

真実を知り、彼女は真実の愛に辿り着いたのでしょう。

素直に素敵だと思いました。

 

映画では、おそらくこの何倍もの感動を得られるはずでしょう。

まだ見ていないので、早く見てみたいです。

 

映画を見ていないという方も、本書を読んでいないという方も、まずはどちらでも良いので作品に触れてみてください。

そこには『真実の愛』があるはずです。

 

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)