百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『凍りのくじら』ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

凍りのくじら (講談社文庫)

 

藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。

【「BOOK」データベースより】

 

辻村さんの作品の中でも、本作が一番好きだという人も多いのではないでしょうか。

本作ではストレートに感情を揺さぶる表現の他に、様々な仕掛けがなされています。

 

その一つが『ドラえもん』です。

辻村さんが大好きで、多大なる影響を受けた国民的キャラクター。

 

本作の主人公である芦沢理帆子も『ドラえもん』が大好きで、不二子・F・不二雄先生の

 

『ぼくにとって「SF」は、サイエンス・フィクションではなくて、「少し不思議な物語」のSF(すこし・ふしぎ)なのです』

 

という言葉。

これに感銘を受け、会う人それぞれを「すこし・〇〇」と個性づける癖があります。

 

理帆子だったら「少し・不在」。

こんな風に。

 

冒頭からすぐに分かりますが、理帆子はちょっと感じが悪い女子高生です。

頭が良くて、周囲の求めている行動がとれてしまうし、それを自分で理解している。でも、そこに自分の意志というものがない。

 

そのため読者の多くは、理帆子に感情移入できず、ひどい場合であれば嫌悪し、すぐにでも本書を閉じたくなります。

しかし、そこで清涼剤の役割を果たしてくれるもの、それも『ドラえもん』です。

 

本書では章タイトルにドラえもんの秘密道具の名前が使われていて、その秘密道具になぞった話が展開されていきます。

そして、作中でもたびたびドラえもんの話が出てくるのですが、これが「ああ、分かるそれ」と誰もが共感してしまうエピソードばかりなのです。

 

このおかげで読者は本書を身近に感じることが出来ます。

世代を超え、誰からも愛される作品だからこそできる芸当です。

 

そして、物語のそばには、最後までドラえもんがいてくれます。

 

そんな魅力的な本作について、解説も交えながら感想を書いていきたいと思います。

多大なるネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

「少し・不在」な理帆子

 

高校生だった理帆子は、イケてる男女グループに属しています。

さらにクラスのどんな人間ともそつなく仲良くなることができてしまいます。

 

器用で、頭が良い。

しかも彼女は会う人みんなに「少し・〇〇」と特徴づけてしまう癖があり、全てを知る読者からすれば「いけすかないやつ」です。

 

そんな彼女が別所あきらと出会ったのは、学校の放課後でのことでした。

別所は理帆子の母が入院している病院で彼女を見かけたと話し、写真のモデルをしてくれないかと持ち掛けてきます。

 

これを理帆子は断りますが、別所はまた口説きにくると言い残し、一度引き下がります。

その後、理帆子の家庭環境が明かされ、今の性格に至った原因などが垣間見えます。

 

一人でいても息が詰まるけど、友達といても、それは一緒。

うまくやっているようで、一番不幸なのは理帆子なのでは? と感じさせられる序盤。

 

息苦しい人間関係が続いていく僕たちの世界と重なり、物語にゆっくりと入り込んでいくのを感じました。

 

 

 

「カワイソメダル」をつけた若尾

 

理帆子の元彼氏、若尾大紀。

年上で美形。弁護士を目指すロマンティストだが、それを実現させるだけの努力は徹底して嫌う。

 

理帆子は、彼の現実感が薄いところが自分に似ていることを自覚しています。

そのせいか、別れても食事に誘われれば、つい出向いてしまいます。

 

久しぶりに会った若尾は別れる前と何も変わっておらず、しかも心療内科で治療していると、以前よりも状態が悪化していました。

それでも上から目線は健在で、それを冷めた目で眺める理帆子。なぜこんなシーンを見せられているのかというくらい不快なシーンです。

 

でも、そんな若尾にずるずると引きずられている理帆子は、同じく愚かです。

辻村作品では、破滅に向かって転がり落ちることがままりますが、破滅を予感させるには、十分過ぎる場面でした。

 

その一方で、今度は買い物に付き合ってほしいと言い、理帆子を連れだす別所。

捉えどころのない彼に「少し・〇〇」で特徴づけることができないことに驚く理帆子ですが、不思議な安心感を感じ、誰にも話せないようなプライベートなこと、自分の好きなドラえもんの話をたくさんします。

 

ここまでならいいのですが、さらに若尾との一幕があり、理帆子が彼にまだ期待していることが分かります。

こればかりは、当事者にしか分からない心情ですよね。

 

読んでいるこちらは冷静であるがゆえに、特にこういったシーンが滑稽に見えてしまいます。

メインディッシュに向けて、スパイスを効かせている、そんなパートです。

 

 

父の失踪と理帆子を取り囲む環境

 

理帆子の父が失踪した当時の話が明かされます。

父と良い思い出もありますが、彼の失踪が理帆子に暗い影を落としているのは明白でした。

 

写真家として活躍していた理帆子と父、芦沢光ですが、入院中の母の元に彼の写真集を作りたいという出版社の人間が現れます。

理帆子はこれに反対しますが、なぜか母はこれを了承し、写真の選定も構成も自分でやると言います。

 

これには複雑な胸中を覗かせる理帆子。

ここでも別所が現れ、理帆子の胸中を丁寧に解していきます。

 

理帆子がこういう性格になった環境が少しずつ見えてきて、同情心が芽生えてきました。

そして、母と理帆子の面倒を見てくれている父の友人である松永ですが、彼がいい男なんです。

 

でも、それに甘えることにも抵抗を覚える理帆子。

色々と考えることができるからこそ、余計にそうなってしまいます。

 

こうして明かされていく理帆子の家庭環境によって、彼女に対する見方が確かに変わっていきました。

生意気な女子高生としてではなく、幸せになってほしい一人の女性に変わっていました。

 

 

大事なものの喪失と転機

 

二週間と経たないうちに若尾と再会した理帆子。

そこで会ったのは、まるで別人のように成り果てた若尾でした。

 

派手な装飾で飾り立て、顔の至るところまで手を入れる。そして何より目に光がない。

カワイソメダルを持ち、無条件に許されてしまう彼は、もうどこにもいませんでした。

 

唖然とする理帆子ですが、若尾はそのことに気づく様子もなく、以前の変わらない無邪気さを見せます。

もう「少し・腐敗」ではなく、腐敗していました。

 

もう彼は壊れていたのです。

以前は、心の底から彼のことを好きでいた理帆子は、それゆえにこの事実に打ちのめされてしまいました。

 

ある日、若尾の急変に耐えきれず、理帆子は学校を早退し、自宅とは反対方面の電車に乗り込みました。

あてもなく乗っていると、同じ車両に小学生くらいの少年が乗ってきます。持ち物から「いくや」という名前が分かります。

 

彼は隣の車両に移ってしまいますが、そこになぜか別所も乗ってきて、二人は肩を並べて座っていました。

理帆子は気になり、二人の後を追いますが、降りた駅で二人を見失ってしまいます。

 

見知らぬ町。

すると、少年を見つけます。そして、少年を呼ぶ六十代くらいの家政婦らしき女性。

 

そこで、別所は理帆子に気が付きました。

後をつけてきたことを話すと、話は別所の進路のことになります。

 

大学は海の近くが良いという別所。

彼は本気で写真家を目指していて、流氷が見たいという。何年も前のくじらの親子が氷の下に閉じ込められ、死んでしまったというニュースが彼にとって忘れられないといいます。

 

 

そして、さっきの少年が松永の息子である郁也だと教えてくれ、しかも彼は私生児で、口がきけませんでした。

色々なことを知って気が変わったのか、理帆子はここでようやく写真のモデルをすることを決めます。

 

ある日、理帆子は自宅に友達の美也を招きます。

これまでの疲れもあり、友達思いな美也に思わず本音をもらす理帆子。

 

しかし、突然宅配便が届きます。差出人は若尾。中身は大量のお菓子でした。

そこで美也は、若尾にストーカーの気質があるのではと疑いますが、理帆子はまだ半信半疑でした。

 

別所の写真のモデルをする日。若尾のことを相談すると、別所は脈絡のなさを舐めない方が良いと忠告します。

理帆子がこの言葉の意味を真に理解するのは、もう少し後になってからです。

 

また母が風邪を引いたことで、理帆子は本当は母に早く戻ってきてほしいことを自覚します。

そして、思いがけない若尾からの優しい電話。

 

理帆子の計算高い頭は音を立てて崩れ去り、一人の弱い女の子がそこにはいました。

 

 

郁也と多恵

 

別所のことを良く知るという、郁也の保護者を務める多恵。

彼女は別所から理帆子のことを聞いていて、とてもよくしてくれます。

 

多恵はこれから郁也の誕生日会をするのだと理帆子を誘ってくれ、二人の住むマンションに向かいます。

慣れない雰囲気に戸惑いながらも、この不思議で落ち着く雰囲気に癒されていく理帆子。

 

多恵から郁也の生い立ちを聞かされ、暗い雰囲気が漂いますが、突然、理帆子がテレビを見ていいかと多恵にたずねます。

理帆子が見たかったのは『ドラえもん』でした。

 

見終わると、ピアノの伴奏を聞かせてくれる郁也。

それがとてつもなく上手で、父親譲りであることがうかがい知れます。

 

しかし、それゆえに松永の家族として正式に迎えられないということも分かってしまいますが、それでも当の郁也はへこたれたりしません。

理帆子にとって、良い理解者が登場し、ようやく心が温まるエピソードとなりました。

 

 

悲劇の始まり

 

しかし、そんな幸せは現実によって打ち消されてしまいます。

若尾はやっぱり若尾で、状態の悪化はもはや手の施しようがないところまできていました。

 

ついには美也にも危害を加えてしまい、理帆子はまた絶望します。

どれだけ突き放そうとしても、一度は好きになったからこそ信じたい気持ちもありましたが、それも限界でした。

 

ここでは、母の容態が急変し、亡くなるまでの様子。

そして、合間に若尾の自分勝手なメールが挿入され、何とも言えないアンバランスが滑稽で、とても悲しかったです。 

 

悲しみに落ちる理帆子ですが、本当の悲劇はこれからでした。

 

 

 

そして、ドラえもんに救われる

 

母が亡くなり、初めて理帆子は大切な友達や知人に囲まれていたことに気が付きます。

内心馬鹿にしていた自分が馬鹿だと気が付けるこのシーン。理帆子は不幸なことも多かったけど、ちゃんと恵まれていたことが分かって嬉しかったです。

 

そして、母が残した父の写真集。

そこには父、理帆子へのたくさんの愛情が詰まっていました。

 

ここまであまり良い関係だと思えなかったと母と理帆子ですが、初めて親子としての絆が感じられ、ここまで読んできたからこそ分かる感動がここにはありました。

しかし、話はこのままでは終わりません。

 

突然、見知らぬ番号から電話がきます。相手は若尾でした。

彼は郁也を誘拐したのです。そして、自分はデパートの館内から飛び降り、自殺を図りました。

 

幸い未遂で終わりましたが、理帆子の怒りは止まりません。

そして、若尾の星を見に行ったという言葉から、理帆子が昔、若尾と星を見に行った山に郁也がいるのだと確信します。

 

理帆子は郁也の無事を祈りながら山にあるゴミ捨て場に向かいます。

そこには冷蔵庫があり、中に郁也が閉じ込められていました。

 

今にも死んでしまいそうな郁也に呼びかけ、一緒に帰ろうよと言う理帆子。

理帆子は郁也を背負うと、なんとか出口に向かって歩き出します。

 

そして、場所を知らないはずの別所が懐中電灯を持って助けにきます。

呆気にとられる理帆子ですが、そんな暇はありません。別所の先導で出口を目指します。

 

その間、理帆子と別所は話をします。

理帆子のせいで郁也がこんな目にあったこと。郁也がしゃべれないのは別所の呪いであり、解かなければならないこと。

 

しばらく歩き、ようやく麓に着くと、パトカーの赤いランプが見えました。助けはもうすぐそこです。

しかし、そこで別所は歩みを止めると、『テキオー灯』と言って懐中電灯を理帆子の顔に当てます。

 

そこで別所は悲しみの滲んだ声で、自分も妻も理帆子のことを愛していることを伝え、懐中電灯を残して姿を消しました。

これが意味すること。

 

別所あきらとは、若かりし頃の理帆子の父のことだったのです。幽霊ともいうべき存在でしょうか。

父は婿養子で旧姓を別所といい、光と書いて『あきら』と読むのです。

 

突然のことに驚きを隠せない理帆子ですが、同時に父の深い愛情を思い出し、そしてまた足を踏み出します。

すると、そこで郁也が初めて喋ります。

 

彼は喋れないのではなく、別所の言いつけを守って喋らなかったのです。

そして、その呪いを解いたのが理帆子です。

 

思ったことは言えばいい。相手の事情なんか無視したって、誰かと一緒にいたかったらそうすればよい。

それは、自分に向けた言葉でもありました。

 

そして、理帆子は郁也と一緒にいたいと告げます。

二人は、別所あきらによって救われました。

 

 

エピローグ

 

そして月日は流れ、理帆子の写真展に向かう理帆子と郁也。

理帆子は二代目芦沢光(あきら)として活動し、郁也はピアノの方面で活躍しているようでした。

 

もうSF遊びはしていないという理帆子ですが、そこで郁也がSを「少し」ではなく「すごい」と言い換えます。

これがすごい良かったです。

 

苦しい環境にいた時期もあったけど、それを乗り越えてきたからこそ辿り着けた答えのような気がして、この二人が愛おしくて仕方ありませんでした。

 

そして、話は冒頭に繋がります。

 

 

『あなたの描く光はどうしてそんなに美しいんでしょう』

 

『それは暗い海の底や、遥か空の彼方の宇宙を照らす必要があるからだと。そこにいる人々を照らし、息が出来るようにする。それを見た人間に、生きていくための居場所を与える。そして、その光を私は浴びたことがある。誰も信じないかもしれないが、もう何年も前、私はそれに照らしてもらったことがある。同じ光を世界に届けたいから、私は写真を撮っている』

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

冒頭に見た文章が、物語を通すことでここまで変わるとは思いませんでした。

 

相変わらず読んでいて良い感情も悪い感情も激しく揺さぶられる作品でした。

とても疲れるんだけど、読み終えた時、自分の中で希望が芽生えるのを感じました。

 

この作品について、褒める方もいれば貶す方もいると思います。

それは人の感じ方次第であり、全く問題ありません。

 

僕は、この作品によって人生が変わったとは嘘くさくなるので言えませんが、少なくとも人生がちょっとだけ前向きになりました。力強くなりました。

そんな強さと優しさに満ち溢れた作品です。

 

まだ未読の方がいらっしゃったら、ぜひご自身の目でその感動を見つけてください。

ドラえもんに救われるのは、あなたかもしれません。

 

凍りのくじら (講談社文庫)

凍りのくじら (講談社文庫)

 

 

辻村さんのランキングを作りました。

辻村深月おすすめ文庫ベスト10!青春からミステリーまで! - 百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~