百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『旅猫リポート』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!

旅猫リポート (講談社文庫)

 

野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

【「BOOK」データベースより】

 

 

 

『図書館戦争』シリーズでお馴染み、有川浩さんの作品です。

また福士蒼汰さん主演、猫のナナの声を高畑充希さんがあてることで映画化されることが決まり、2018年10月26日より上映されることが決まりました。

 

内容として、序盤こそほのぼのとした話でしたが、後半に進むにつれて一気に惹きつけられてしまい、時間も忘れて読んでしまいました。

そんな魅力的な本作について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

様々な媒体に進出

 

内容に入る前に、本書はその魅力から6ヵ国語で翻訳されています。

猫が題材ということで、日本のみならず、世界中で愛される作品になれたのかもしれません。もちろん、有川さんの文章力、構成があってこそですが。

 

それから、絵本にもなっています。

絵本「旅猫リポート」

絵本「旅猫リポート」

 

 

お子さん用に購入して、親が涙した、なんてケースも少なくないようです。

これほど絵で表現することに適した作品はなかなかないかもしれません。

 

そして、2018年に映画化されることも決まりました。

tabineko-movie.jp

 

主演は福士蒼汰さんです。

爽やかな印象の福士さんであれば、その内容も期待できそうです。

 

 

猫の視点から見た、人と猫の一生

 

内容について。

車に轢かれて瀕死の猫を助けたサトル。

 

彼は昔飼っていた猫に似ているその猫を飼うことを決め、しっぽの形が数字の7に似ていることから、ナナと名付けた。(雄だけど)

本書は、そのナナから見たサトルや、彼の友人たちの姿、そしてそんな人たちに対して感じたナナの思いが描かれています。

 

猫はどんな風に人間のことを見ているのか。

独特な視点から語られる物語がとても面白いです。

 

本書を読んで、猫を飼いたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ちなみに僕は犬派です。猫は、小さい頃に友達の飼っていた猫にひっかかれて以来、苦手です。

 

そんな僕ですが、ナナを見ていて猫もいいなとちょっとだけ心変わりしてしまいました。

とりあえず、ペットショップで見かけたらじっくり観察してみたいと思います。

 

 

 

自由気まま、だけど義理堅い

 

猫といえば、自由奔放というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

本書に登場するナナは、まさにその通りの猫です。

 

野良猫としてプライド、独自の価値観を持ち、どれだけサトルに気をつかわれようが、気に入らなければ全て拒否します。

そんなナナに、サトルが手を焼くことも少なくありません。

 

しかし、時にナナは空気を読んで、喜んだふりをしてサトルを喜ばせようともします。

命の恩人ということもあって、意外と人情(猫情?)厚い一面もあります。

 

話が進むにつれ、サトルと意志を通わせていくナナが、見ていてとても楽しかった。

相棒って感じで。

 

 

最後に待っていたもの

 

重大なネタバレになるのでラストには言及しませんが、誰もが予想した通りです。

でも、大事なのは結果ではありません。

 

そこに至るまでにサトルとナナが歩んだ道のり、そしてたくさんの人と築いた思い出の数々。

その旅路を彼らと一緒に読者も振り返る。

 

感動という言葉では語れないほど、たくさんの感情で胸がいっぱいになってしまい、しばらく色々なことを考えてしまいました。

自分も一緒に歩んだような達成感があります。

 

繰り返しますが、大事なのは彼らと一緒に旅路を歩むことです。

たまには時間を気にせず、猫と一緒に旅をするのはいかがでしょうか?

 

 

最後に

 

次々にヒット作を生み出す有川浩さん。

今回も期待を裏切らない、それどころか期待を大きく超えてきた名作だと思います。

 

猫が好きでも嫌いでも、そんなことは関係ありません。

猫が嫌いな人でも、ナナであれば親しみを覚えずにはいられないはずです。

 

彼らと一緒に、旅を楽しみませんか?

 

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)

 

 

 

 

有川さんの作品が好きだという方は、こちらもどうぞ。

www.hyakuhon.com