百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~

書評書いてます。年間100冊の紹介が目標。好きなジャンルはミステリー、恋愛、青春。

相関図で分かる!『僕の小規模な奇跡』ネタバレ感想

僕の小規模な奇跡 (メディアワークス文庫)

 

「あなたのこと全く好きではないけど、付き合ってもいいわ。その代わりに、わたしをちゃんと守ってね。理想として、あなたが死んでもいいから」彼女に告白し、そして奇妙な条件付きの返事をもらった瞬間から、僕は彼女の為に生きはじめた。この状況が僕に回ってきたことが、神様からの贈り物であるようにも思える。この結果が、いつの日か、遠い遠い全く別の物語に生まれ変わりますように。入間人間の名作が、宇木敦哉のイラストによって、待望の文庫化。

【「BOOK」データベースより】

 

 

 

 

小さな奇跡が重なって構成されている本作。

そこまで入り組んだ構成ではありませんが、一読しただけでは何がどう繋がっているのかあやふやだという方もいるかもしれません。

 

そこで登場人物たちの関係、伏線などをなるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

 

 

・登場人物の関係

 

少し見づらいかもしれませんが、相関図を作ってみました。

f:id:harutoautumn:20171218221021j:plain

 

ご覧の通り、そんなに入り組んだ仕掛けはありません。

しかし、『俺』と『私』(俺の妹)では、描写に時間差があったため、気づくまでに時間がかかった方も多いと思います。

 

でも、ちゃんと分かるように仕掛けられていて、『私』がp.314で有名女性歌手の自殺の報道をテレビで見ますが、その内容は『俺』のp.45ですでに描写されています。

あとは『彼女』がコップを持って帰ってしまうシーンとか。いや、そんな細かいところまで見てないって。

 

個人的には、『彼女』(『僕』の先輩)が『俺』と『私』の母親なんだと踏んでいましたが、まさかトマトと『彼女』の母親だったとは。

気が付いたのは、トマトが『私』を自宅に連れて行った時の、母親の反応を見た時でした。家にはしっかりと『僕』の血痕が残っていましたね。

 

言われてみると、表紙でトマトと『彼女』(僕の先輩)が並んでいる姿が似ている気もします。

しかし、目をつむっているので、分かるわけないとも思います。まあ、そんなものでしょう。

 

小規模、という単語が過少評価でないところに好感を覚えました。

 

 

 

・『彼女』の仕草の意味

 

作中、『彼女』(三白眼)は何度も手の甲を掻きます。

『俺』の推理を引用すると、

 

何か言い足りないときや、或いは本来、口外するはずの内容を肉抜きして語った場合に表れる傾向があるみたいだ。

【p.426より】

 

要するに、言いたいことがあるけど、恥ずかしいなどの理由で、それを我慢する時にする仕草です。

それはどんな時だったか?

 

ということで。

ちょっとまとめてみました。

 

p.93

「あなたって」で区切り、手の甲を指で掻いています。でもここでは続けて「意外にも女の子には不自由してなかったでしょ」とも言っています。

言い寄られ悪い気はしない反面、モテるところに嫉妬という感じでしょうか。

 

p.127

「あのねえ」と手の甲を掻いています。

手を繋ぐか繋がないかの議論でのワンシーン。どうしても『彼女』と手を繋ぎたい『俺』に、逆に恥ずかしさを覚えて言葉に詰まっているようです。

 

p.143

本を渡す一連の動作の中で、心底不機嫌そうに手の甲を掻いています。

無下にしても『彼女』の講義が終わるまで待つと言う『俺』に対し、精一杯の優しさとして本を渡すシーンですが、これも照れ隠しの一種でしょう。

 

ストーカーをだんだん好きになっていく辺り、『彼女』も大概変わっていますね。

 

p.189

ゼミの飲み会でたまたま会った帰り道。『俺』とゼミの女の子が話しているのを背中越しに聞いていて、それに対して嫉妬したようです。あと、優しい子がタイプと言われ、自分とは違うタイプだと腹も立てています。

いい感じで『俺』に毒されてきた『彼女』です。

 

p.191

『俺』に優しいと言われ、言い返せずに手の甲を掻いています。

「ありがとう」くらい言いたかったのかもしれません。

 

p.230

「しつこい男」と言いながら、満更でもない様子。

言葉とは裏腹に、めげない『俺』に順調に惹かれている彼女です。

 

p.248

『俺』に感謝され、手の甲を掻く『彼女』。

言葉は刺々しいですが、嬉しかったみたいです。

 

p.277

デートの待ち合わせ時間を勘違いしてしまい、言葉を濁す『彼女』。

実は『彼女』もデートを秘かに楽しみにしていて、つい間違えてしまったのです。

 

しかし、それを俺に悟られたくないため、言葉を少なくした分、仕草に表れてしまったようです。

 

p.298

ここでは手の甲を掻いていません。

初めて『俺』を褒める言葉を放った瞬間です。

 

思ったことをちゃんと言えた証拠ですね。

 

p.426

『彼女』が『俺』のお見舞いに来たときのシーン。

人が死にそうだから助けて当然、と建前を言うものの、『俺』のことが心配だから助けたのでしょう。

 

さすがにここまですれば、『俺』でもこの仕草の意味を理解します。

そして、『俺』の希望的解釈は決して間違ってはいませんでした。

 

p.456

「言っておくけど、わたしはあなたのこと好きじゃないから」

ポリポリ。

 

もう分かりやすくて、ここまで読んだ読者へのファンサービスみたいなものです。

 

 

以上です。

ここまで掻くと、手が荒れないか本当に心配です。言ったら睨まれそうですが。

 

分かりやすくて、とても可愛かったです。

ただ最後の方の描写を見る限り、いずれこの仕草も見られなくなりそうですね。だって、もう言うのを我慢しなくても良い関係になりましたから。

 

 

・感想

 

とりあえず『彼女』が可愛かったです。

特にメールアドレスと電話番号の書かれたルーズリーフが古くてよれているところが、たまりませんでした。

渡そうと手に持って悩んでは止めているのを想像しただけで、いいですね。

 

ただこの関係にいたるまで、『彼女』に無下にされても懲りずにアタックする体力が僕にはないので、付き合いたいとは全く思いませんでした。

うん、見るに限ります。

 

あと、『彼女』(僕の先輩)が自覚ある畜生だったことに、いい意味で感心しました。

マイペースに見えて、みんなちゃんと醒めた目で物事見てるんですよね。

 

あと、最後に続編がありそうな終わり方をしていますが、この作品自体が後日談なので、続編はないと入間さんが公式に発言しています。

 

入間の一問一答 第6回|入間人間公式サイト

 

残念です。

 

 

・最後に

 

いかがでしたでしょうか。

作品に隠されたものをおさらいした上でもう一度読むと、さらに楽しめること間違いないです。

 

ぜひもう一度読んでみてください。

 

僕の小規模な奇跡 (メディアワークス文庫)

僕の小規模な奇跡 (メディアワークス文庫)

 

 

 

 

入間人間さんの作品が好きな方は、こちらもどうぞ。

www.hyakuhon.com

www.hyakuhon.com