百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~

書評書いてます。年間100冊の紹介が目標。好きなジャンルはミステリー、恋愛、青春。

徹底ネタバレ解説!『クラインの壺』岡嶋二人【著】

クラインの壷 (新潮文庫)

 

ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけでヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。現実が歪み虚構が交錯する恐怖!

【「BOOK」データベースより】

 

 

 

 

1989年に出版された、当時では珍しいヴァーチャルな世界を題材にした作品です。

現在では、VR(日本語でいう仮想現実)技術が発達し、ゲーム等で普及し始めていますのでそこまで斬新に映らないかもしれませんが、まだ携帯すら普及していなかった当時の状況を鑑みると、異色かつ斬新な作品であることに間違いありません。

 

それに現在の技術では、作中に出てくるKLEIN-2(以後K2)のような五感全てを再現できるわけではないので、今でも未来の話です。こういう観点では、ドラえもんも同列に扱っても良いかもしれません。

あと、K2のデータがテラ単位というのは、初見ではミスではないかと疑ってしまいました。

 

だって、今はスマホにギガ単位のデータが当たり前に入っているのですから。

末恐ろしい世の中になったものです。

 

と、関係のない話はここまでして。

ここでは『クラインの壺』の結末について、僕なりに解説してみました。

 

皆様の疑問の解消に役立てれば、幸いです。

 ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

・そもそもの結論

 

結論は出ません。

期待した方には本当に申し訳ありません。

 

しかし、これにはちゃんと理由がありまして、K2の性質上、どんな結末もあり得るため、一つに決定することができないためです。

 

終盤で、上杉が何度もK2を通じて現実と仮想現実を行き来していたこと、それ自体がK2による仮想現実だったことが明かされます。

つまり、現実と仮想現実の区別がつかなくなった、クラインの壺にはまってしまったということになります。

 

こうなってしまっては、何か証拠を掴んだとしても、それも仮想現実でしたといわれてしまえば、それまでです。

それに上杉はラストで、自殺することで今が現実か仮想現実かを見極めようとしますが、これも何の意味もありません。

 

もし、研究所から逃亡に失敗し、K2の中で目覚めたこと、これがK2によって再現された仮想現実だった場合、別荘に逃げ込んだ時点で、上杉は仮想現実にいます。

しかし、ここで自殺し、ゲームオーバーとなってK2の中で目覚めたとして、果たしてこれがK2の仮想現実の中でないと言い切れるのでしょうか?

 

そうなると、何回自殺を繰り返したところで、今が現実かそうでないかは区別できません。

まあ、もし自殺してそのまま死ねれば、現実なんですけどね……。

 

作中では、CIAのDDST、いわゆる科学技術部が洗脳実験をアメリカの病院で行っていたが、不祥事をもみ消すために病院を放火。

実験場を日本に移し、ゲーム制作という名目で実験を継続していたというもので、これがゲームの設定だったのか、はたまた真実だったのかによって、事実が大きく異なってきます。

 

 

・パターン別の結末

 

①DDSTによる実験、というゲームの設定だった場合

 

これが一番すっきりした結末です。

 

1~4日目

普通にゲームする。

 

5~11日目

何度もK2を出入りするが、全てK2による仮想現実

 11日目に目を覚ますが、実は一時間ゲームしていただけ。

 

12日目以降

自殺して、これが現実であると証明される。

 

 

 

②DDSTによる実験が本当だった場合

 

これがややこしいパターンです。

上杉は梨紗のピアスがないと感じた時、姫田からもらった名刺がない感じた時の二回があったため、そこがK2によって作られた仮想現実であると考えます。

 

1~4日目

普通にゲーム。

 

5日目

偽パスポート屋。映一入院の知らせ。

 

6日目

K2に入る前、梨紗のと思われる金色のピアスをポケットに入れる。

レコードデータが破損し、現実に戻るとピアスがない。

梨紗は別の青いガラス玉のピアスしている。

K2による仮想現実。梨紗は前日のK2での拷問で死亡。

 

7日目  

K2から自室に運ばれていて、カモフラージュするために床にニッカの角瓶。

七美からTEL。

梨紗からバイト辞めるとTEL(カモフラージュ)

梨紗のポシェットが一昨日からある(死亡後、DDSTが部屋に戻した)

ポケットに金色のピアスある(現実

 

8日目

豊浦が参加。

一昨日のバンの窓の傷がない(K2で塗料をけずったため)

豊浦の採用は本採用は一昨日の午前(その前の日には梨紗が死亡しているため)

姫田より名刺もらう。

 

9日目

七美の尾行。

K2から出たと思っていたが、まだK2の中。

梨紗のアパートに行く。名刺がない(K2による仮想現実

アパートに戻ると、梨紗からTEL(生きていると思わせるためのカモフラージュ)

 

10日目

七美からの留守電は残っていない(DDSTが消した)

名刺はある(現実

姫田から、CIAのDDSTのことを聞く。

 

11日目

研究所で、梨紗の死体の写真を発見。

毒ガス?で気を失う。

→目覚めると、K2の中。偽パスポート屋から全てゲームだと伝えられる。名刺がない。

→実は、ガスで気を失わせて、K2に入れた。つまり、目覚めたそこはK2による仮想現実

 

12日目以降

自殺を図り、K2の中で目覚めれば、今までが仮想現実だと証明できる。

→しかし、11日目のケースがあるため、目覚めた後も仮想現実であることは否定できない。

 

→永遠のループ。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

なるべく分かりやすいようにあり得るケースを書いてみました。

 

K2に飲み込まれてしまった時点で、どのパターンだろうと上杉に幸せはもう訪れません。

現在のVR技術にそんな力はないと分かりつつも、いつか現実と区別がつかなくなる日がくるかもしれません。

 

僕らは何を注意すればいいんですかね。

久しぶりにスリルを満喫できる名作でした。

 

 

クラインの壷 (新潮文庫)

クラインの壷 (新潮文庫)