百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

ライトノベルってどういう意味?定義から一般小説との違いまで

このライトノベルがすごい! 2017



 

 

こんばんは、ハルトです。

 

今日のテーマですが、「ライトノベルってどういう意味?」です。

ライドノベルという言葉が一般に知れ渡っていますが、じゃあどういう意味? と聞くと皆さん答えがバラバラというのが現状です。

 

そもそもライトノベルの定義自体が曖昧なので、それも致し方ありません。

そこで今回はライトノベルの誕生の経緯から、その意味まで解説していきたいと思います。

 

 

 

 

 

・ライトノベルの誕生

 

ライトノベルという言葉が誕生したのは1990年代初めといわれています。

参照は以下の記事。

 

d.hatena.ne.jp

 

一部を引用すると、

 

『「ライトノベル」という和製英語は、1990年代初め、SFやファンタジー小説ファンが集ったパソコン通信の電子会議室で生まれた。名付け親は、同会議室のシスオペ(管理人)を務めた神北恵太さん(45)。「70年代に創刊されたコバルト文庫やソノラマ文庫の少年少女向け小説について、ひとくくりにできる新しい名前が必要だと考えた」と振り返る。漫画のようにスピーディーな「コミックノベル」、あるいは「ニート(Neat)ノベル」などの案も考えたが、結局「軽やかな=ライト」に落ち着いた』

 

とあります。

 

アニメなどと並んでオタクの読むものみたいな偏見が未だにありますが、始まりはかなり昔にあったようです。

今も昔も人間の欲求にそう差はないみたいですね。

 

 

 

・そもそもライトノベルとは?

 

これが難しいところですが、ライトノベルの特徴を以下に挙げてみました。

 

・主に若年層(主に10代~20代)をターゲットにした軽妙な文章が特徴で、キャラクターとストーリーを重視している。

 

・通常の小説と比べると、挿絵が多い。

 

・出版社がライトノベルとして出版した作品、もしくはライトノベル専門のレーベルが出版された作品。

 

・漫画やアニメのような虚構の世界を写生する作品

 

ざっと並べただけでもこれだけあり、この特徴でくくってしまうと大概の作品がライトノベルに含まれてしまうことになります。

 

そのため、分かりやすい判断基準として、ライトノベル専門のレーベルから出版されているのか、または作者自身がライトノベルを自称している場合は、ライトノベルとして扱ってよいと思います。

レーベルとして、電撃文庫やMF文庫などがこれに当たります。

 

一方で、メディアワークス文庫など表紙がアニメタッチなイラストで、かつ挿絵があるなどライトノベルの特徴に当てはまりつつも、キャラを活かした上で正統派な文章と物語が売りですよ、というコンセプトで、ライトノベルから一般文芸への橋渡し的な役割を担うレーベルも登場しています。

 

僕もよく読みますが、ライトノベルと誰かが言ってもそれはそれでおかしくないような気がします。

もはや誰がどう捉えるか、という問題な気がします……。

 

またライトノベル自体、誕生してから数十年経ちますので、当時少年少女だった方々も三十代、四十代になり、十代向けという定義も、もはや意味をなさなくなっています。

 

さらにレーベルの件を深堀りすると、一度ライトノベル専門のレーベルから出版され、後に角川文庫など一般文芸のレーベルで再出版されるケースもあります。

そうとは知らずに手に取り、読んだ後も一般文芸だと思い込み、しかし実はライトノベルでした、なんてこともままあります。

 

極めつけは、「源氏物語」や「南総里見八犬伝」にライトノベルと共通の特徴があるなんて議論もあるそうです。

ここまでくると、よくやるなと感心してしまいます。人間というのは、定義しないと何かと不安なんでしょうかね? という僕も気になってこういう記事を書いているので、人のことは言えませんが。

 

まあとにかく、定義を決めることにあまり意味はなく、その時代に合った形に変わっていくライトノベルをぼんやりと捉える、その程度で良いと思います。

宝島社から発行するガイドブックである「このライトノベルがすごい!」ではアンケートがとられるが、アンケート対象は「回答者がライトノベルと思う対象期間内の作品であれば投票可能」としていますので、まさにその通りだと思います。

 

以上、はっきりとしたことは分かりませんでしたが、あまり先入観にとらわれずに、様々な作品と触れ合うことをお勧めします。

触れ合った数だけ人生は豊かになると信じ、これからも僕は本を読んでいきたいと思います。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

このライトノベルがすごい! 2018

 

 

 

読書に興味がある方はこちらもどうぞ。

www.hyakuhon.com

www.hyakuhon.com

www.hyakuhon.com