百本文庫~1年で100冊ご紹介します!~

書評書いてます。年間100冊の紹介が目標。好きなジャンルはミステリー、恋愛、青春。

徹底ネタバレ解説!『イノセント・デイズ』早見和真【著】前編

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。

【「BOOK」データベースより】

 

 

 

 

今回ご紹介する本は、早見和真さんの『イノセント・デイズ』です。

早見さんの作品はこれが初めてで、辻村深月さんが解説を書いていることから興味を持ち、購入しました。

 

調べてみると、早見さんは青春小説や家族小説を書いてきた中で突然、ミステリーとなる本作を執筆し、日本推理作家協会賞を受賞されたそうです。

また竹内結子さん、妻夫木聡さん主演でドラマ化されることが決まり、話題になりました。

 

感想を一言で言うと、最後まで目が離せませんでした。

久しぶりに周りが見えなくなるくらい没頭してしまいました。

 

まずは本書の注目ポイントをまとめます。

 

 

幸乃は罪を犯したのか?

 

物語はいきなり死刑宣告をされ、東京拘置所に収容された雪乃目線から始まり、彼女と関係のある人たちの回想から、彼女の人生を見ていくというものです。

彼らの主観が入っているので公平なものとはいえませんが、それでも幸乃が罪を犯すとは思えないと、読者も思うはずです。

 

しかし一方で、誰にも見通すことのできない闇が彼女の中には存在し、彼女の犯行をはっきりと否定することも難しい。

何が正しく、何が間違っているのか。

 

次々と重石を胸に乗せられるような息苦しさを覚え、人を裁くということを考えさせられる作品です。

 

 

幸乃に関わった人間の後悔

 

幸乃に関わった人間は一様に後悔し、あの時こうしていればと今でも考えています。

しかし、彼女のためと思ってとる行動も、結局は自分の後悔を拭いたいという自分勝手な理由が多く、怒りを覚えることも少なくありません。

 

中には現状を知りつつ、それでも彼女と決別し、自分の人生を選ぶ人もいます。

守るものもあり、ましてや自分自身の人生。

 

間違いではないのですが、それでもやるせない気持ちになります。

しかし、多分僕が当事者であれば、決別を選ぶでしょう。

 

 

各章ごとに解説

 

内容が色々と入り組んでいるので、章ごとに解説していきたいと思います。

また、かなり長文になってしまったので、第一部と第二部で記事を分けています。

 

当然ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

 

 

「無題」

 

東京拘置所にいる雪乃の目線から物語が始まります。

目を赤く潤ませた女性の刑務官はエピローグで分かりますが、佐渡山瞳のことです。

この数ページに張られた伏線を、順番に回収していく構成になっています。

 

 

「プロローグ」

 

佐渡山瞳が刑務官になるまでの話。ここでは瞳、その恋人の春樹の名前は出てこず、エピローグまでどこに繋がってくるのか分かりません。

また事件の背景が大まかに説明されます。

 

本書の重大なキーワードである「なんか、いかにもだよね」がここで登場し、瞳、そして読者に重くのしかかってきます。

 

 

・佐渡山瞳

 

19歳の時、大学の映画サークルの先輩にとっておきのデートスポットとして裁判所に連れていかれ、それ以来、裁判を傍聴することが趣味になった。ある裁判の傍聴で春樹と知り合い、連絡先を交換する。その後、付き合うことに。

 

難なく数社から内定をもらうが、正義感という言葉がきっかけで公務員試験を受ける。しかし不合格になり、落ち込んでいたが、春樹の持ってきた刑務官募集の案内に飛びつき、見事合格した。

 

就活のために封印していた裁判の傍聴を解禁、そこで出会ったのが田中幸乃の裁判だった。それまでは大多数と同じく、裁判を面白半分で聞いていた瞳だが、裁判で雪乃が一切の弁解をしないことから『この人は本当に罪を犯したのか』と不安になり、価値観が変わっていくのを感じていた。

 

 

・新田春樹

 

瞳が裁判所で出会った男。銀縁メガネ、視界を覆う長い前髪、三十歳くらい。その場で連絡先を交換し、その後、瞳と付き合うことに。

 

公務員で、面倒見が良く、瞳の就活をサポートする。瞳に刑務官の募集があることを知らせたのも彼である。

 

 

・井上敬介

 

美香の夫。二十七歳の時、介護付き老人ホームで夜勤に出ていた時に住まいのアパートが放火され、家族を失う。幸乃とかつて付き合っていたが、その後美香と付き合うために幸乃と別れる。

 

頑なに別れることを拒絶する幸乃に恐怖を感じ精神を追い込まれるが、美香の妊娠で覚悟が決まり、電話番号を変え、引っ越すことで幸乃と完全に縁を切った。

 

しかし、幸乃に対して百五十万円近い借金をしていて、その返済の振り込みがきっかけで幸乃に見つかってしまう。この件を隠しきれず、美香に暴露。借金を一括で返済し、問題は解決したように見えたが……。

 

 

・井上美香

 

敬介の妻。二十六歳の時、放火で命を落とす。この時、お腹には八か月の胎児もいた。敬介が隠していた幸乃との関係を暴露され、最初は糾弾したが、幸乃に謝罪の手紙を綴ると共に借金も一括で返済した。

 

その後、放火に遭い、敬介への通話で美香がアパートの外に幸乃らしき女を見つけたことが判明した。

 

 

・井上彩音

 

双子の姉。一歳。放火により命を落とす。

 

 

・井上蓮音

 

双子の妹。一歳。放火により命を落とす。

 

 

・田中幸乃

 

二十四歳の時、自宅で大量の睡眠薬によって自殺しようとしているところを、放火事件の任意同行を求めにきた警察に阻止され、犯行を認めた。

 

敬介とは以前に付き合っていて、美香と付き合うために自分が捨てられたことが今回の事件の原因と見られている。

 

捜査の中で、私生児(婚姻関係のない男女の間に生まれた子供)として出生した過去、母が十七歳でホステスだったこと、養父から虐待を受けていたこと、中学時代に不良グループに足を踏み入れたこと、強盗致傷事件を起こして児童自立支援施設に入所したことなどが判明。

 

現場近くに住む白髪の老婆の証言、アパートのオーナーである草部猛の証言によって、犯行当日、幸乃が現場近くをうろついていたことが判明。

 

事件の三週間前に大がかりな整形手術を受けていて、世間から「整形シンデレラ」と呼ばれるようになった。

 

 

・白髪の老婆

 

放火のあったアパートの近くに住んでいる。犯行当日、幸乃が現場近くをうろついていたと証言。

 

 

・草部猛

 

放火のあったアパートのオーナー。ストーカーと化した幸乃に度々注意していたが、だんだん彼女に情が移り、犯行を止められなかったことを悔やんでいる。また事件の一週間前、近くの公園で少年グループの諍いを収めている。

 

 

 

第一部 事件前夜

 

第一章「覚悟のない十七歳の母のもと——」

 

幸乃の母、ヒカルの出産に立ち会った産科医の丹下健生の回想。

事実が多く報道されているが、ヒカルは覚悟を持って幸乃を生んだことをただ一人知っている健生によって、彼女の出生が明らかになる。

 

 

・丹下健生

 

四人兄弟の長男で、父の開業した横浜市中区の路地裏にある「丹下産婦人科医院」を継いだ。二十四歳で父の手伝いを始め、堅実な腕前を尊敬する一方で、中絶を認めない父と折り合いがつかなかった。

 

二十八歳の時に父が亡くなり、医院の方針を変え、中絶も行うようになった。医院は業績を伸ばしたが、息子の広志が嫌がらせを受けるようになった。

 

父を非難する息子を理解しなかったことが原因で、広志が中学生になる頃には目も合わせなくなった。香奈子によって広志との仲を取り持ってもらい、生まれた広志と香奈子の子供に、世界を翔けるという願いが込められた「翔」と名付ける。

 

そして、翔の誕生を契機に、堕胎手術が出来なくなってしまった。そんな中、田中ヒカルが患者として訪れ、中絶を断った上で、大事なのは覚悟だと諭す。

 

すると三か月後、ヒカルは生むと言い出し、また結婚することを報告してきた。その後、無事に幸乃が生まれた。

 

 

・丹下小百合

 

健生の妻。広志が大学に進学して家を離れた時、胆管ガンが見つかる。手術は成功したが、自律神経失調症の影響で塞ぎ込んでしまう。

 

広志の存在だけが生きがいだった。広志が香奈子を連れて戻ると大変喜び、生きる気力を取り戻していった。しかし、半年後に亡くなった。

 

 

・丹下広志

 

健生の息子。小学五年生の時、父が人殺しだと一部のクラスメイトから嫌がらせを受けていた。それが原因で父と仲違い。医者になることを諦め、京都大学の法学部に進学。小百合とは連絡をとっていた。

 

在学中に司法試験を合格し、母の死期を悟って、横浜市内で法律事務所を探すために戻ってくる。実家に戻ると、恋人の小西香奈子を紹介し、彼女のお腹にいる子供を生むことを健夫に伝える。また翔が生まれたことで、親子の関係は修復された。

 

 

・小西香奈子

 

広志の恋人。大学で同じく法律を学んでいて、三回生から広志と付き合っている。健生たちと会った時は二十三歳の年。すでに広志との子供を妊娠していた。健生と広志の仲を持ち、子供の名前を付けてほしいと健生にお願いした。

 

 

・田中ヒカル

 

中絶希望で健生の医院を訪れる。十七歳。物心ついた時から養父の性的な暴力を受けていたが、母の美智子は見て見ぬフリをしていた。また神経系の持病を患っていて、気持ちが昂ると意識を失うことが多かった。

 

両親の離婚後、養父に引き取られ、その後も折檻は続き、クラスメイトからもいじめられるようになった。しかし、火事で養父が死んだことで自由となり、東京を目指す。

 

上野でホステスとして働き始め、黒服の男と恋仲になって横浜へ流れ着く。しかし、男から暴力が始まり、妊娠を契機に男はいなくなった。中絶希望だったが、健夫の言葉で出産を決意。検診に通うようになり、野田と結婚することに。その後、無事に幸乃が生まれた。

 

・野田

 

ヒカルの結婚相手。ヒカルより一回り以上年上に見える、感じの良い男性。お酒を飲み過ぎるところがあるが、やめようと必死になっている。

 

 

 

第二章「養父から激しい暴力にさらされて——」

 

幸乃の義姉である陽子の回想。小学校時代の幸乃の様子が分かる。また第一章で生まれた丹下翔も登場する。

 

 

・倉田陽子(現在)

 

旧姓、野田陽子。幸乃の義姉。女の子を妊娠中。幸乃は陽子が九歳の時に亡くなったと蓮斗に教えている。事実と異なる報道に心がざらつくが、だからといって行動に移すつもりはない。

 

 

・倉田蓮斗

 

陽子の息子。五歳。

 

 

・野田陽子(過去)

 

野田家の長女。もうすぐ小学四年生。他に幸乃、翔、慎一の四人で「丘の探検隊」を結成。幸乃を置いて星を見に行くが、慎一の意見で中断。四人で陽子の家に戻り、幸乃に翔と慎一からの誕生日プレゼントを渡し、一緒に星を見ることに。

 

しかし、流れ星を見逃すなど自分だけ取り残された不安に陥る。父から陽子と名付けられたこと、幸乃はヒカルに似ているのに、自分は父に似ていることに不満を感じている。

 

ある時から街にヒカルに関する悪い噂が流れ始め、居場所を無くしていき、交通事故でヒカルを失ってしまう。それを契機に家族は崩壊し、幸乃も美智子に連れていかれてしまう。

 

 

・野田ヒカル

 

二十五歳。翔たちが無断で家に来たことを咎めるが、優しく出迎える。幸乃が自分に似てしまったことを悔いている。

 

ある日、母の田中美智子が幸乃を連れて行こうと画策し、町に悪い噂を流して徐々に弱っていく。そんな中、運転中に事故を起こし、亡くなる。

 

 

・野田父

 

陽子の名前を付けたが、陽子本人からは嫌がられている。ヒカルの死後、やめていた酒に溺れだし、自責の念に駆られる。また幸乃に手を上げてしまう。

 

しかし、その事を理由に美智子に脅され、幸乃を美智子に渡してしまう。それ以後、死ぬまでお酒は飲まなかった。

 

 

・野田幸乃

 

野田家の次女。もうすぐ小学三年生。母の遺伝を受け継ぎ、気が昂ると意識を失ってしまう。好物は肉じゃが。数年に一度の流星群を見に行く日の夜、興奮しすぎて意識を失う。

 

幸乃を置いて一度はみんなが星を見に行ってしまうが、戻ってきて部屋で一緒に星を見る。ある時から街にヒカルに関する悪い噂が流れ始め、居場所を無くしていき、交通事故でヒカルを失ってしまう。

 

それがきっかけで、父から暴力を一度受ける。その後、美智子から必要とされることに喜びを感じ、彼女に連れられて街を出ていく。

 

 

・丹下翔

 

第一章で生まれた翔の小学校時代。同じ山手に住む陽子の同級生。アニメのヒーローのようにいじめを嫌い、弱い者の味方をする。成績も良く、家も裕福。

 

陽子たちが良くない噂で苦しんでいる時、子供だからという理由で何も助けることが出来なかった。

 

・佐々木慎一

 

幸乃の同級生。分厚いレンズのメガネをかけ、いつも前髪を垂らしている。背が低く、やせ過ぎで、快活ではないが、翔に負けず劣らず正義感が強い。特に幸乃を気にかけている。

 

ある時から田中美智子が近づいてきて、ヒカルたちに関する情報提供を求められ、幸乃には肉親が必要だと考えて情報を流してしまう。幸乃が美智子に連れていかれる間際、自分は味方だと叫ぶ。

 

 

 

第三章「中学時代には強盗致傷事件を——」

 

中学時代の幸乃の親友である理子の回想。幸乃の人生が決定的に変わってしまうのもこの頃のこと。

 

 

・小曽根理子

 

読書が好き。皐月の影響でファッションなどに詳しくなる。遠山に憧れている。皐月に必要とされることに喜びを感じる一方、親友は幸乃だと思っている。

 

幸乃とは本を通じてコミュニケーションをとっている。一度、幸乃の家のある宝町に行って二度と来ないと感じるが、それでも交友関係を続けている。

 

皐月の誕生日会に呼ばれた時、飲酒を強要され、遠山に犯される。幸乃が理子の味方をしたせいで、遠山との写真をネタに皐月たちから物をたかられる。

 

金が足りないことで魔が差し、佐々木書店でレジから金を盗もうとしてすぐ戻すが、そこを店主に見つかり、捕まるところを店主を突き飛ばして逃走。幸乃に罪をかぶせる。

 

これがきっかけで皐月たちと決別し、人生をやり直すことにした。幸乃の事件を知った時も、力になろうとインタビューに答えるが、都合よく編集され、力になることが出来なかった。

 

 

・山本皐月

 

不良グループのリーダー。理子がまだ十三歳であることから、自分が罪を犯した時は少年法の適用されない理子を身代わりにしようと考えている。

 

幸乃が理子を味方したことがきっかけで幸乃に乗り換え、理子からは物を要求するようになる。

 

 

・恵子

 

皐月の小学校からの友人。理子とつるむが、受け入れているわけではない。

 

 

・良江

 

皐月の小学校からの友人。理子とつるむが、受け入れているわけではない。

 

 

・遠山光博

 

理子の憧れの相手。一年先輩。皐月の誕生日パーティで理子を犯す。

 

 

・田中幸乃

 

理子の親友。しかし、一緒にいるところを皐月たちに見られたくないという理由で、学校では声を掛けないよう理子に命令されている。劣悪な環境の宝町に住んでいる。

 

ある日、理子に自分の話をする。それから皐月たちに理子が傷ついていることを謝るよう言うが、結果として皐月たちの関心は理子から幸乃に移ってしまう。

 

佐々木書店で理子が万引きの疑いをかけられた時、自分が身代わりとなり、児童自立支援施設に送られる。

 

 

・理子の母

 

理子をいつも心配していて、幸乃を気に入り、皐月のことを遠回しに否定している。理子が皐月たちにものをたかられている時、いじめの気配に気が付いていた。

 

 

・佐々木慎一

 

佐々木書店で万引きした時に理子とすれ違う。前から度々していたことで店主は疑っていて、結果として理子に罪をなすりつけ、それを幸乃がかばってしまう。

 

 

第四章「罪なき交際相手を——」

 

幸乃の元恋人である井上敬介の友人、八田聡の回想。彼女の現在に最も近い人物。

 

 

・金城好美

 

十代の一時期、児童自立支援施設で幸乃と一緒に過ごした人物。幸乃の裁判で、検察側の証人として立つ。

 

 

・八田聡

 

二十三歳の時、敬介に彼女の幸乃を紹介される。前の苗字は小坂。父が借金を理由に自殺し、マスコミから逃げるように静岡から横浜に引っ越し、苗字を変えた。

 

敬介に振り回される一方、自分のことを必要としてくれる敬介を必要としていた。やがて敬介の幸乃に対する振る舞いに我慢ならなくなり、幸乃と連絡先を交換する。

 

しばらくして幸乃から電話があったが出ることができず、彼女を止めることが出来なかった。事実を曲げられることを嫌ってマスコミからの取材は全て断った。

 

彼女の裁判を傍聴し、そこで彼女が慎一を見つけて微笑む姿を目撃する。

 

 

・井上敬介

 

聡の小学校からの友人。聡に幸乃を紹介。父親を自殺で亡くしている。横暴で、自分の好き勝手に生きていて、聡や幸乃をひどく扱う。

 

やがて将来結婚する美香と付き合う。最初は二股をかけていたが、美香が妊娠したことで幸乃と別れること決意。しかし、幸乃は納得するどころかストーカーとなり、逃げるように引っ越していった。

 

幸乃に借金をしていて、聡に返済するよう強く迫られ、少しずつ返済することに。しかし、美香に幸乃のことがバレたところから事態は最悪の状況に陥り、事件へと繋がる。

 

 

・田中幸乃

 

敬介の彼女。二十歳の時に敬介と付き合い始め、聡と知り合う。敬介にひどい扱いをされるが、敬介に捨てられたら終わりだという強迫観念から異常なまでに敬介に尽くす。

 

聡に敬介と別れるよう説得されるが応じず、とりあえず聡と連絡先を交換する。その後、敬介から別れを切り出されるが納得せず、ストーカーとなる。

 

自分を止めてくれるのではと聡に電話するが出ず、そのまま事件の日を迎える。

 

 

・美香

 

敬介の新しい恋人。勝気な性格に派手な服で、敬介の好み。妊娠を機に落ち着いた女性になる。

 

 

・金城優子

 

聡たちの同級生で、荒れていた地元の中学校でも目立つ不良だった。好美の姉。

 

 

第五章「その計画性と深い殺意を考えれば——」

 

 

幸乃は二十四歳を迎え、事件の日を迎えるまでの彼女の心情が綴られている。誰からも必要とされないことへの恐怖に敬介との別れがダメ押しとなり、悲劇に向かってただひたすら落ちていく。

 

 

・田中幸乃

 

二十四歳。およそ二年前に敬介と別れたことがきっかけで、止めていた抗不安剤をまた飲みだす。仕事も辞め、薬の作用で夢と現実の境界線が曖昧になっていた。

 

母を失い、父から「必要なのはお前じゃない」と言われたことで必要とされないことへの恐怖を覚え、幸せになれないと分かりつつも祖母の美智子についていった。

 

しかし、そこで美智子が入れあげていた韓国人の男に凌辱される日々を送るが、親友の理子の身代わりになったことは今でも後悔しておらず、むしろ理子が気に病んでいないか心配している。

 

児童自立支援施設で心を守る術を覚えたが、敬介が心を強引にこじ開けたことでこれが最後の機会だと思い、彼に身を預けて捨てられた。

 

幸乃は不幸になったのは母譲りの顔が原因だと考え、三週間前に整形手術を行った。

 

敬介から借金の返済が始まったことで完全に捨てられたのだと諦めることで精神が安定し始めたが、ある日、敬介と美香、双子の姉妹を見つけてしまい、精神が完全に崩壊する。

 

薬の量もコントロールが利かなくなる。ストーカーをしている時、アパートのオーナーである草部猛につかまり、そこで彼に身の上話をする。

 

事件の日、幸乃がアパートについた時、美香と草部に目撃され、何もせずに逃げた。何か救いがあると八田に電話をするが彼は出ず、幸乃は薬の効果によって意識を失う。

 

自室で気が付いた時には、サイレンが鳴っていた。ここで幸乃の人生は静かに幕を閉じようとしていた。

 

 

 

かなり要約になってしまいましたが、ここまでが回想パートになります。

判決以後の話は後編にて解説します。

 

幸乃に関わった人物に暗い影を落とし、幸乃自身は底のない絶望へと落ちていく。

ここからの展開にも注目です。この結末から決して目をそらさないでください。

 

イノセント・デイズ (新潮文庫)

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

 

 

 

後編はこちらです。

www.hyakuhon.com