百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

円満な夫婦生活のために【旦那さんに7つのお願い】

お酒は夫婦になってから(7) (ビッグコミックス)


こんにちは、ハルトです。


書評関係ないのですが、備忘録として夫婦生活の中で感じたことを書きたいと思います。


僕は結婚してもうすぐ3年、1歳ちょっとの息子がいますが、どんなに仲の良い夫婦でも子供が生まれれば自然と生活は変わります。


うちの息子は他の同年代の子と会うとすぐ泣く、両親以外の大人と会うとすぐ泣く、ちょっと気に入らないとぐずる、うまく眠れず寝不足で機嫌が悪い日が多いetc......


非常に手が掛かります。
奥さんはなぜうちの子だけ・・・と落ち込むこともしばしば。


僕も仕事が年々忙しくなってきましたので、普段仲が良くても、どうしても喧嘩になってしまうこともあります。
誰が悪いというわけではないことはどちらも分かっているので、大抵はその日のうちに仲直りするんですけどね。



で。


最近、ようやくお互いの気持ちに整理がつき、穏やかな日々を送れるようになってきたので、そこに行き着くまでに気がついた7つのことを、書き残したいと思います。


最近、奥さんとうまくいっていないという旦那さんの助けになれたら幸いです。
また、どう旦那さんにお願いしたら良いのか分からないという奥さんにも、参考になると嬉しいです。


ということで、早速本題に入りましょう。

1. 専業主婦が楽、は大間違い

よく聞く言葉ですよね。僕の職場でも「俺が働いてやってるのに~」と怒る方がいらっしゃいますが、これは大間違いです。
夫婦二人であればまた事情は違いますが、子供がいるとなるとその苦労は数百倍にも膨れ上がります。


僕は数ヵ月に一度は子供を一人で見ていますが、まず予定が立たない!
子供の機嫌は日によって全く違うので、不機嫌な日は着替えやご飯をあげるだけでも一苦労。


自分の食事を抜くこともたまにあるし、家事を中途半端な状態で止めざるをえない時もあります。
きっちり一つのことを終えられないって、けっこうストレスなんですよ。


しかも子供は言葉を理解し始めていますが、会話が出来るわけではないので、だんだん精神がやられてきます。
子供のお昼寝のタイミングで一緒に休まないと、とてもじゃないけど体が持ちません。


これでは、夕飯の支度だってしたくない。
旦那さんが帰ってきたらため息もつきたくなります(笑)


閉鎖された環境の中で、奥さんの一番の理解者は旦那さん、あなたです。
どんな小さなこと、どんな当たり前のことでも是非褒めてあげてください。


仕事は対価として報酬がつき、時には人から褒められますが、育児や家事はそれがありません。
あるとすれば、それは旦那さんの何気ない一言なのです。



2. 女性ウケが良い、はあくまで一般論

これは付き合っている彼女などにも言えることですが、女性が絶対に喜ぶ○○なんてありません。
参考にするのは良いですが、決して鵜呑みにしないでください。


例えば『女性ウケ プレゼント』で調べると、女性が絶対に喜ぶプレゼントとして色々なものが紹介されています。
ボディクリーム、エステグッズ、化粧水、アロマキャンドルなど、あくまで一例ですが紹介されています。


しかし、うちのケースでいくと、どれもおそらくアウトです。
強い香りが苦手で、こういう女性は一定数いらっしゃるそうです。


うちの奥さんの場合だと、高価なものよりもちょっとしたものが喜ばれるので、千円前後のピアスや奥さん的に可愛い文房具、似合いそうな帽子などプレゼントとすると、非常に喜ばれます。


結局は、相手次第です。


なので、相手の好みが分からなければ、素直に聞いてみるのもアリです。
あとは普段から好んで着ている服のブランドを覚えておいて、そのブランドか似た系統のブランドの服などを何点かピックアップし、そこから選んでもらうなどできると、とてもスマートで良いと思います。


一番は相手が喜んでくれることなので、プレゼントを選ぶ際は、渡したときのリアクションを考えながら選ぶと良いでしょう。



3. 話を聞く

これも夫婦に限らずですが、誰でも自分の話を聞いてもらうのって嬉しいですよね。
是非奥さんの話に耳を傾けてあげてください。


うちの場合は、会社を出るときに大体電話をするので、駅に着くまでの間に今日一日の概要を何となく聞いて、帰ってから詳しく聞くようにしています。
特に子供が生まれてからママ友と会って大変だったことや、子供のことで悩んだことを話してくれるので、とにかく聞くことを意識しています。


一通り吐き出すと、いつもの調子に戻るので、自分の奥さんはいつもイライラしてるなーと感じる方は、何を不満に感じているかを真剣に聞いてあげてください。


ただ注意点として、問いかけられても必ずしも答えを求めるとは限らず、自分でも答えが分かってることも多いので、正論で話を終わらせるのではなく、心の整理のお手伝いをしてあげてください。


それから自分のことを聞いてもらうと、コミュニケーションが生まれて、円満な夫婦生活に繋がると思います。


4. 時には何でもないご褒美を

僕は給料日後、もしくは奥さんが疲れてるなーと感じる時に、甘いものを買って帰るようにしています。


事前に言わないこともありますが、今日のリクエストを聞くことが多いですね。


『クリームがたっぷりのケーキ』
『モンブランで、中はスポンジじゃなくてクリームが良い』


こんな感じに。
このリクエストに日々応えていくと、自分のセンスも磨かれ、得意先へのお土産選び、女性社員へのアドバイスなど質が上がり自分の評価に繋がるので、良いですよ。


あとはいかに喜んでもらえるかゲーム感覚で出来るので、今までやったことがないという方もいかがでしょうか?
不意をつかれた奥さんが優しくなるかも?もしくは不審がられるか(笑)


5. 夫婦の時間を作る

家に帰ればずっと一緒なのでわざわざ作る必要なんてないという方もいると思いますが、ちょっとした一工夫で格段に二人の時間が楽しくなります。


我が家では、毎週土曜日は一緒にお酒を飲むようにしています。
おつまみもお互いに食べたいものを出し、夕飯の他に2、3品ほど作る。


これだけで子供が出来る前のような感覚になりますし、今度どこどこに行こう、など話も自然と膨らみます。
ちょっと刺激を与えるだけで、新鮮な夫婦生活を取り戻せますので、皆さんに合った方法で時間をとってみてください。


毎週映画を一本見る、一緒にゲームをする、スポーツを楽しむなど。
きっと楽しいと思います。


6. 週一回はご飯を作る

料理が苦手という方もいると思いますが、簡単なものでも良いので、是非試してみてください。
単純に奥さんが楽できるという面もありますが、それ以上に人の作ったご飯って本当に美味しいんです。


自分で作ると、出来上がるまでの苦労があるので、美味しくて当然みたいな感覚がして、ちょっと味気ない気がします。
なので、普段奥さんに美味しくご飯を作ってもらっている分、同じ幸せを分けてあげるのはいかがでしょうか?


ただし!
人によっては手際が悪くてイライラする、高い食材を使えばそれは美味しいに決まってる、など逆に怒らせてしまうこともありますので、実行する際は相手の気持ちも考えた上でお願いします。


7. 奥さんの悪いところを、受け入れる

最後に書いたこのポイントが、一番大事だなと思いました。


悪いところがあるのはお互い様で、他人同士だから惹かれ合い、結婚に至ったのだと思います。
悪いところを挙げればキリがないけど、奥さんにしかない良いところがあることを忘れないでください。


出来ないことは自分が補えばいい。
自分に欠けているものは、相手に埋めてもらえばいい。


お互いを許し受け入れることこそが、夫婦円満の一番の秘訣ではないでしょうか?


ルールを決めていても、疲れていたらたまには破ってもいいのです。
それも受け入れましょう。


受け入れた分、しっかり奥さんにも受け入れてもらいましょう。
それが出来れば、何の心配もありません。




以上、いかがだったでしょうか?


結婚は人生の墓場だなんていう輩もいますが、それは他人の幸せを妬むやつの言い分です。
苦しいことがあるのは結婚に限らず、生きていればみんな苦しいことがあります。


そんな意見に惑わされず、まずはパートナーとしっり向き合ってあげましょう。
それが出来れば、あなたも奥さんも幸せです。


少しでも皆さんの参考になればと思い、書かせていただきました。
せっかく素敵な相手と出逢えたのですから、良い夫婦生活を送りたいですね。


良ければこちらもどうぞ!
hyakuhon.hatenablog.com