百本文庫~夜更かしのお供に~

つい夜更かししてしまう本を紹介しています。

『夏期限定トロピカルパフェ事件』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

 

 

 

今回ご紹介する本は、米澤穂信さんの「夏期限定トロピカルパフェ事件」です。

 

小市民シリーズの第二弾となる本作。

まずはあらすじを。

 

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を! そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは〈小佐内スイーツセレクション・夏〉!? 待望のシリーズ第二弾。

【「BOOK」データベースより】

 

前作から一年が経過していますが、小鳩君も小佐内さんも相変わらずです。

というか、もはや小市民を目指しているという心がけ自体がコントのフリみたいで、もはや鉄板ネタとなりつつあります。

 

こういうテンプレートが出来上がると、シリーズものを読むのがますます楽しくなりますね。

あと、久しぶりに読みましたが、小佐内さんってこんなに危ない人でしたっけ??

 

僕の記憶にある小佐内さんよりも数倍も冷血で狂暴で、まさに「狼」と呼ぶにふさわしい活躍?っぷりです。

彼女に比べたら小鳩君なんてかわいいもんです。

 

今作で小鳩君と小山内さんの関係に変化が生じますが、そちらも今後目が離せません。

いつか二人の過去の話も出るんですかね? あの二人、特に小佐内さんのあの性格が出来上がるきっかけの事件なんかがあると、より盛り上がりそうな気もします。

 

詳しい内容はネタバレで書きますが、とりあえずは最後の「冬期」をお待ちしています!

 

 

以下、ネタバレ。未読の方はご注意を!!

 

 

 

 

序章 まるで綿菓子のよう

 

前作のおさらいのような章。

夏祭りに浴衣姿の小佐内さんという一見すると青春の一ページですが、最後の小佐内さんの無邪気っぷり。

実は、これがこの作品のラストの伏線になっていたりします。

 

真相を知るまでは、小佐内さん無邪気だなーと和んでおいてください。

すぐに裏切られますので。

 

 

 

第一章 シャルロットだけはぼくのもの

 

小佐内さんにスイーツのお使いを頼まれた小鳩君。

題名のシャルロットはそのスイーツの名前ですが、これがとてもおいしいのです。

どれくらいおいしいかというと、甘いものがあまり得意ではない小鳩君が小佐内さんを差し置いてでも食べたくなってしまうほどです。

 

小鳩君はこのシャルロットを四つ頼まれていましたが、三つしか残っていなかったため、三つ買って帰ります。

普段の小鳩君であれば、付き合い程度に一個食べ、残りの二つを小佐内さんにあげるつもりでした。

 

しかし、小佐内さんが電話に出るために退席しているときにシャルロットを一口。

それがおいしすぎて、あろうことか二つ目も自分のものにするために、一つ目を食べたという事実をなかったことにして、初めから二つしかなかったかのように隠蔽しようと企みます。

 

しかし、途中で思いついたため隠蔽するには難しく、結局は小佐内さんにバレてしまいます。

でも、小鳩君はあえて小佐内さんに気が付くチャンスを与えるためにわざと手を抜いたのだと小佐内さんは言います。

 

実際、どうなんでしょうね。

否定するあたり、小鳩君もそのつもりがあったのかもしれません。

 

あと、小佐内さんの追及って、恐怖で背筋が冷えそうですよね。

そんな小佐内さんに喧嘩を売るあたり、小鳩君もいい根性してます。

 

 

第二章 シェイク・ハーフ

 

堂島の彼女、川俣かすみ(のちに彼女だと認めます)の依頼で、堂島は姉のさなえが薬物を使用しているグループから抜けられるよう考えている。

そこに小鳩君が出くわし、事件に巻き込まれていく序章のような話。

 

小佐内さん、堂島それぞれから暗号のようなメッセージが小鳩君に送られますが、これも後の伏線になってきます。

堂島のメッセージは分かりやすいので、ぜひ自分で謎を解いてみてください。

 

そして、小佐内さんがまたはしゃいでいます。

もう悪い予感しかしないのです。なぜなら、小佐内さんが好きのは甘いもの、そして「復讐」なのですから。

 

 

第三章 激辛大盛

  

堂島はなんとかさなえと会い、グループを抜けるよう説得しますが、邪魔だと追い返されてしまいます。

珍しく堂島は凹み、愚痴を聞かせるために小鳩君と激辛タンメンを食べに行くという話。

 

箸休め的なお話なので、特に何もありません。

 

 

第四章 おいで、キャンディーをあげる

 

危ないタイトルですが、まさか甘いもの好きの小佐内さんでもこんな言葉で知らない人について行ったりしません。

この話では、さなえが所属する薬物グループに小佐内さんが誘拐されていまい、残されたメッセージから小鳩君が小佐内さんを探すという話です。

 

小鳩君のおかげで小佐内さんは無事に助かり、犯人たちは逮捕されますが、この事件には実は裏があって……

 

 

最終章 スイート・メモリー

 

この夏のおすすめスイーツ、夏期限定トロピカルパフェを食べながら、今回の事件を振り返る小鳩君。

振り返る理由。それは今回の事件は犯人たちの思惑ではなく、小佐内さんが意図的に起こした誘拐だったからです。

 

今回の事件の首謀である石和と小佐内さんは同じ中学出身で、昔の因縁から目をつけられていることを知った小佐内さん。

この因縁が何なのかは小佐内さんは言いたくないそう。

 

そこで、同じく顔見知りだった川俣さなえを利用します。

彼女はグループから抜けたいと思いつつも、石和を恐れて抜け出せない。

 

だから小佐内さんはグループから抜け出す手助けをするという条件で、石和たちに小佐内さんを誘拐するよう誘導させたのです。

時間、場所なども指定することで事前にすぐ助け出されるよう準備が出来、自分に危害は加えられない。しかも石和たちがしたのは拉致、監禁、暴行だが、小佐内さんが用意した身代金の要求電話によって、誘拐という覚えのない罪まで背負わされることになる。

 

これが小佐内さんの復讐だった。

これは犯罪だと、怒る小鳩君。

 

しかし、二人は恋愛関係でもなければ依存関係でもない。

ただの互恵関係で、お互いにそこまで口出しするつもりもない。

 

結局、自分たちは小市民など目指していなかったのだと小佐内さんに関係解消を求められ、小鳩君もためらいなくそれに応じます。

あっけない幕切れだった。

 

しかし、小鳩君の胸には痛みが走り、小佐内さんとのこれまでがただの互恵関係ではなかったことが描写されている。

果たして二人はこのまま他人になってしまうのか?

 

次巻に乞うご期待!

詳しい話は是非自分の目で確かめてみてくださいね!

 

 

米澤さんのランキングを作りました。

米澤穂信の文庫おすすめランキングベスト10!【初心者向け】青春からミステリーまで - 百本文庫~夜更かしのお供に~

 

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)